無神経な人は嫌われる?

無神経な人というと「相手の事を考えていない」「自分の事しか考えていない」など、神経が無いと書いて無神経ですので「何も考えてない」とも捉えられるのかもしれませんが、そうした無神経な人が嫌われる傾向がある理由はなんとなく分かるかもしれませんね。

ですが自分は人に優しく接している、人を気遣っていると思う人でも、「無神経だ」と思われたり、言われたりする事もあります。

それは人によって価値観が違う、信じているものが違うから起こる事かと思いますが、自分からみた無神経な人と、誰かからみた無神経な人が違うというのは起こり得る事なんですね。

「相手の事を考える」という事1つとっても、「相手に意見をハッキリと伝える」事が良いと思う人もいれば、「相手に直接伝えるよりも、気付いてもらうように遠回しに伝える」方が良いと思う人もいますよね。

無神経な人だと思われるのは、相手を傷つけるような発言をする時に思われる事が多いかと思いますので、自然と「ハッキリと物事を言う」人の方が無神経だと思われる事になるのではないでしょうか。

ではそんな無神経な人は嫌われるのか?無神経だと言われたらどうすればいいのか?考えてみるのもいいかと思います。

スポンサー ドリンク


【相手にとっての無神経を知る】

人は主に自分が正しいと思う事を考え、行動している事かと思います。
ですので自分が良かれと思ってとった行動に対して「無神経だ」と言われたら、ナゼ?と思う事もありますよね。

自分とよく関わっている人というのは、似た様な価値観を持っているかと思いますので、そうした事は起こりにくくても、例えば職場であったり、近くに住んでいる人などであれば、「その人がどんな価値観を持っているのか?」という事を知らなければ、無神経な人だと受け取ったり、受け取られたりするのではないでしょうか。

ですが相手がどんな価値観を持っているのかということは、相手の態度や発言を見て行くことで理解する事ができるかもしれません。

言いたい事をハッキリと言わずに相手の様子を伺ったり、遠回しに伝えようとしていたりする人には、こちらもハッキリとした発言はしない、反対にハッキリと発言をする人に対しては、こちらもストレートに発言をしてみるなど、相手に合わせてみると無神経だとは思われにくいのではないでしょうか。

【無神経な人は嫌われる?】

無神経な人で嫌われるタイプの人というのは、ハッキリと自分の意見を言う人の方が多いかと思いますが、ハッキリと自分の意見を言うことで「相手を傷つけている」事がある、という事を認識することは大切かもしれません。

ハッキリと言ってあげた方が良い、と自分は相手を思いやり発言したつもりでも、相手が「傷つけられた」と感じれば、無神経な人になってしまう、という事ですね。

ですのでハッキリと自分の意見を言うよりも、周りに合わせたり、遠回りに伝えたり、ほのめかしたりする方が相手を傷つけにくく、また自分も無神経だと思われにくいのかもしれません。(人に嫌われるのが怖い人へ

無神経な人が嫌われる、とよくいうのは「無神経な人に傷つけられた」と思っている人が多いからかと思いますが、無神経だと思う人の発言に対して自分が傷つかない方法についても考えておくのもいいのではないでしょうか。


【無神経な人の発言に傷つかない為には】

無神経な人の発言というのは「相手の良くない所、変えた方がいい所」について発言してくる事が多いかと思いますので

例えば自分がコンプレックスに思っている事について指摘される事もあれば、自分が気付いていないことについて言われるかもしれません。

ですがそうした発言というのは「もっと素敵な自分になる為に変えた方が良いところ」を教えてくれているのだと思う事も出来ます。(自分を磨く方法

他の人は「傷つけるから」と思って発言しないような事を発言してくれる人というのは、ある意味自分の人生を良い方向へと変えてくれる人になり得るのではないでしょうか。

言われた時には「なぜそんな事を言うのか?」と怒りたくなったり、悲しくなったりしてしまう事もあるかもしれませんが、言われた事に反発するよりもその発言をまずは受け入れ、どうすればより良い人生へと繋がって行くのかを考えてみるといいかもしれません。

相手を無神経な人だと決めるのは自分であり、自分を無神経な人だと思うのは相手次第ですが、自分の人生で自分が何を見て、何を感じるのかというのは、自分で選択する事が出来るのではないでしょうか。(人生は選択の連続である、だからこそ考えたい事がある。



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク