なんのために働くのか

人はなんのために働くのでしょうか。あなたは何のために働いていますか?
人が働く理由の多くは「お金が必要だから」かと思いますが、その他にも働くことで得られるものというのはありますよね。

生活をする為には少なからずお金が必要ですし、遊びに行ったりご飯を食べるのにもお金は必要です。生きて行く上でお金は必ず必要となってくるものであり、それを得る手段が「働く事」である以上、働かなければ生きて行けないという人は多いのではないでしょうか。

会社に勤めて長く働いていても、ふとした時になんのために働いているのかわからなくなったり、これから就職しようと思っているけれど、一体なんのために自分は働くのだろうと思う事もあるのではないでしょうか。

人はなんのために働くのか、そして自分はなんのために働くのか、という事を考える事で、働く事に対して何を求めているのかという事や、これから自分が生きたい人生はどんなものなのかという事も考える事が出来るのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【生きるために働く】

なんの為に働くのかと考えた時、一番最初に思い浮かぶのは「生きるために働く」という事ではないでしょうか。

生きる為に必要な最低限のものを考えても、衣食住、つまり食べ物、着る服、住む家は必要なものですよね。
住む家は人によっては無くても良いかもしれませんが、食べるものと着る服は必要なのではないでしょうか。

そしてそれらを得る為に必要なのが「お金」であり、そのお金を得る為に「働く」という選択をするかと思います。

生きる為には働かなければいけない、働かなければ生きて行けない、それがルールのような世界で生きている限りは、生きる為に働くことは続ける必要があるのかもしれません。

【お金のために働く】

生きる為に働く事の延長にあるのが「お金のために働く」という事ではないでしょうか。
生きる為に最低限必要なお金というのはそれほど多くはないはずですが、より多くお金を稼ぐ為にお給料が良い所で働いたり、残業したりする事もあるかと思います。

より多くのお金を手にする事で、好きなものを食べたり、遊びに行ったり、より裕福な生活をすることが出来ますし、家族を養う事が出来ますよね。そうした事のために働くという事は「お金のために働く」という事になるのではないでしょうか。

例えば一軒家や車をローンで購入したり、良い化粧品を買ったり、海外旅行に行ったりしたいと思えば、その分「生きるため」よりも多くのお金が必要となりますが、それをしなければ生きて行けない、というものではない場合は「お金のために働いている」と言えるでしょう。

そして多くの人は、この「お金のために働く」という思いが強いのではないかと思います。

【世間体のために働く】

働かなくても生きて行けるけれど、働かなければ周りの人から「あの人は働いていないらしい」と言われる事もあるかと思います。
そうした人の目を気にして「働かなければ」と思い働くことは、「世間体のために働く」という事になるのではないでしょうか。

世間体ために働くということは、自分のやりたい事の為ではなく自分の事を良く見られたいという思いや、人に認められたい、変な人だと思われたくないなど、多くの人と同じ行動を取る事で、自分を守るために働くという事なのかもしれません。自分がどう見られているのかや、周りの人の目が気になる人は世間体のために働くこともあるのでしょう。(承認欲求を手放す

【人との繋がりのために働く】

働く事で沢山の人との繋がりを感じる事、社会と自分が繋がる事を求めている人は人との繋がりの為に働くこともあるかと思います。

仕事を長い間休んだ人は「世間に置いて行かれている感覚」「取り残された感覚」を覚えるという人もいる程なので、働くことで人との繋がりを感じるために働く、社会と繋がっているという思いをもつ為に働くという事もあるのでしょう。

人との繋がりのために働くという事は、置いて行かれる感覚、取り残される感覚が嫌だと思う他にも、自分の知らない世界、新しい人との出会いが楽しいという人もいるかと思います。

【自分の成長のために働く】

例えば自分の成長、スキルアップの為に働くという人もいます。将来やりたい事があり、それにむけた勉強も兼ねて社会で働くという選択をする人は自分の成長の為に働くことでしょう。

昨日の自分より今日の自分が成長している事が楽しかったり、目標に近づく事が嬉しかったり、成長する事自体に執着している事もあるかもしれませんが、向上心があり、今より「もっと」を求める人は自分の成長のために働くのかもしれません。

自分の成長のために働くという事は「自分を成長させてくれそうな何か」を期待して働くことにも繋がってしまうかもしれませんが、そこには注意が必要かと思います。
自分を成長させてくれると思い入った会社で思っていたのと違う、となってしまう事はよくある事ですが、自分の「学ぶ姿勢」を考える事も自分を成長させたいと思う人は考えてみると良いのではないでしょうか。

【なんのために働きたいのか】

人が働く理由の多くが「お金」だという事は誰もが納得する事だと思いますが、その他にも自分が「なんの為に働きたいのか」という事を考える事で、より自分の人生を自分の望む様に生きる事が出来るのではないでしょうか。(働かない生き方を知り、人生を変える方法

働かなければいけない、という事は当たり前ではなくなりつつありますが、「自分はなんの為に働きたいのか」という事を考えるならば、「自分のため」「人のため」「社会のため」の3つに分けて考えてみるのも良いかもしれません。

お金の為に働いている人は多いですが、お金の為だけに働いているという人は少ないかと思いますし、そこに様々な「働く理由」が存在しており、いくつもの理由が組み合わせられているものです。

なんのために働きたいのかという事を考える事は、自分の人生をどのように創造したいのか、という事に繋がります。

お金の為に働きたいと思うのであれば、お給料の良い所で働く人生を選択し、自分の成長のために働きたいと思うのであれば、成長出来る会社で働く人生を選択する、というように、自分がなんのために働きたいのかで人生の選択が変わります。

そして、選択が変われば人生が変わります

なんのために働きたいのか、という事を自分と向き合って考えてみる事は、自分が生きたい人生を生きる為に大切な事かと思います。

あなたはなんの為に働くのでしょうか。
仕事を辞めたいと思ったら考える事



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク