なりたい自分になる方法

自分が理想とする自分、なりたい自分になる方法というのは、どんなものがあると思うでしょうか?

「なりたい自分になる」ということを考える時というのは、今の自分が好きではない、今の自分に満足していないから変わりたい、という場合もあれば

今の自分に不満はないけれど、もっと自分を成長させたい、高みを目指したいという事もあると思います。

もし前者のように、自分の足りないところや不満な所に焦点をあてているのであれば、まずは今の自分を受け入れることから、考えることが大切かと思います。

それは「今、幸せや豊かさを感じる」ことによって
これからの人生に更に幸せや豊かさを引き寄せることになるからですね。

そうした思いを持ちながら、更に理想の自分、なりたい自分になる為に出来ることをしていきましょう。

スポンサー ドリンク

【なりたい自分を具体的に思い浮かべる】

まずは、なりたい自分、理想の自分の具体的なイメージを持つことを考えてみましょう。

「どんな自分になりたいのか」ということが決まっていない、イメージ出来ていないなら、それに近づくといことは出来ませんよね。

なりたい自分がしている生活、一緒にいる人、聴いている音楽、着ている服、持っている習慣、考え方、食べているものなどを

細かく、具体的にイメージしてみる

そこから自分の人生の創造は始まっていくのではないでしょうか。

【なりたい自分になりきる】

なりたい自分のイメージが出来れば、その自分になりきってみる、理想の自分ならどう振る舞うかを考え、そのように行動する事をしていきましよう。

まずは考え方や、人に対する接し方、言葉遣いや聴いている音楽など、今なれる範囲から少しずつ、理想の自分に近づいていく

なりたい自分がしているであろう行動を取っていく、ということが大切かと思います。

「なりたい自分」や「理想の生活」を夢見ても、行動に移さなければそれは現実に創造されることはありません。

なりたい自分になる方法を探したとしても、それを実行に移す人というのは少数ではないでしょうか。

調べるという「インプット」をしても、行動に移すという「アウトプット」をしなければ、現実は変わらないのだということを、考えておくのも大切かと思います。

【なりきれなくても自分を責めない】

なりたい自分になる為に、もっと頑張らなくてはいけない、このままじゃだめだ、まだ足りない、というような思いを、途中で持ってしまうかもしれません。

ですが、なりたい自分になりきれなくても、そこで焦点を当てるべきは「足りない部分」ではなく「なれた部分」、なりたい自分に近づけたことや、行動出来たことに焦点を当てる方が良いかと思います。

最初にお伝えしたように、足りない部分ではなく、今ある幸せや豊かさに目を向けることが大切てま

自分を否定するのではなく肯定すること、受け入れること

そして今あるものに感謝して生きていくことで、幸せで豊かな人生はここにあるのだと感じることが出来るのではないでしょうか。



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク