お金の使い方を考える

お金の使い方というのは、学校でも家でもなかなか教えてくれるものでは無いですよね。
生きたお金の使い方をしろと言われても、どんな使い方なのかよく分からないと思うかもしれません。

日本人はお金についての教育が遅れていると言われていますが
お金の使い方や増やし方、お金の貯め方などに関する知識は
知ろうと思えば知る事が出来ます。

ですが多くの人はお金についての話をすることや
お金を貯める話ならまだしも、お金の稼ぎ方についての話をするというのは
一般的には良く思われない風潮があります。

お金を稼ぐこと=悪い事
というようなイメージが何故かあるようです。

その反対に、多くの人が節約の方法で盛り上がったり
安くて良い物が買えれば満足するという事がありますが

どれだけ少ないお金で良い買い物が出来るか
といったお金の使い方、お金に対しての考え方を持っているかと思います。

ですが、そういった考え方や「お金の使い方」というのを、改めて考えてみることは
あなたの人生を大きく変えるキッカケとなるかもしれません。

スポンサー ドリンク

【お金の使い方】

お金の使い方というのは大きく分けると2種類あり
投資に使う」か「消費に使う」かのどちらかです。

そして、多くの人はお金を消費に使い、「消費に使うお金の使い方」を考えるので

「どのくらいのお金が節約出来るのか」といったことや
高くても長く使えるものを買う方がいい」とか
「毎月いくら貯金に回そう」といった事を考えるのかもしれません。

そして「消費に使うお金の使い方」を考えている内は
投資に使う」という発想はあまり出てきません。

投資に使う事で分かりやすい例を挙げると「塾に行く」ことや
「資格を取得する」ことなどが分かりやすいのではないかと思いますが

これらは結局「自分が働く事が前提」の考え方となります。

「投資する」という考え方を持っているのであれば
働かない生き方をする為のお金の使い方を考えてみるのもいいのではないでしょうか。(働かない生き方を知り、人生を変える方法

【無駄使いを辞める】

毎月お金を使いきってしまう人や、無駄使いをしてしまう人は
そういったお金の使い方が習慣となっているのではないかと思います。

お金を使いきらなければいけない」という使命感でもあるように
よく考えてみると、そんなにいる物では無いようなものまで買ってしまっていたり
安いからと言って、すぐに履けなくなりそうな靴を買ってしまったり

それでも良いと自分が思うのであれば、無理に変える必要もないかもしれませんが
無駄使いをやめたいと思ったり、辞めなさいと言われたりするのであれば

お金を使う場面で一度、考えるクセを付けるようにするのが良いかもしれません。

無駄使いをしたくないと思うのであれば、定期預金をすることも出来ます。

そういった事が出来ない、どうしても無駄使いをしてしまう、と思うのであれば
お金についてのブロックを外す事を考えてみると良いかと思います。(固定観念を捨てる方法

【貯金しすぎるのを辞める】

無駄使いする人とは反対に、何か合った時の為にと貯金することが趣味のような人もいます。

貯金することが楽しいのであれば、それはそれで良いのかもしれませんが
貯金しなければ「不安だ」と思うのであれば
その「不安」に対して向き合う必要があるのではないかと思います。

お金の使い道がないから貯金している、という人は
お金の使い道について考えてみることで
新しい人生の可能性が広がるかもしれません。(お金の使い道がない人へ

お金の使い方というのは人それぞれですが
使い方がわからないから使わないというのは、お金を持っている意味がありませんよね。

【幸せなお金の使い方】

お金の使い方に対して「投資」と「消費」があるというお話はしましたが
最後に1つ、どちらに当てはまるとも言えないのですが
幸せなお金の使い方を考えてみるのも良いかと思います。

幸せなお金の使い方というのは、お金を使う時に「感謝して使う」という事
そしてお金が入って来た時にはそれを「感謝して受け取る」という事です。

お金に感謝する、お金を感謝して使うということは、あなたをとてもいい気分にしてくれるだけでなく
幸せとお金を引き寄せる一番簡単な方法です。

お金を幸せに使う事は、あなたの人生を幸せで豊かなものとしてくれるのではないでしょうか。(幸せなお金の使い方

自分がどんな人生を生きたいのかを考える事によって
今、あなたがどんな「お金の使い方」をすれば、理想の人生に近づくのか
考えてみると良いのではないかと思います。



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク