お金のためだけに働くのを辞める

お金のためだけに働くことは悪い事でもダメな事でもありませんが、お金のためだけに働くことで「出来るだけ楽しよう」としたり「自分の仕事じゃないから良いや」と思ってしまうことに繋がるのであれば、お金のためだけに働くのは辞めた方がいいかもしれません。

生きる為にはお金が必要であり、お金を得る手段として「働く」ことを選択する事が多いかと思いますが、お金のために働くことで人生の多くの時間を自分の好きではないことに使うことになったり、自分の価値を下げる思考や行動を取る事に繋がる事になるのではないでしょうか。

お金のために働くという前提を変える必要はありませんが、お金のためだけに働くのではなく、それ以外の価値を見つけることや、自分の価値を高める事、楽して仕事をしようという思いを持つのではなく、自分に提供出来る価値を与えることを考えながら働くことで、自分の人生で「奪う・奪われる」思考をすることから「与える・与えられる」思考をする事となり、そうした「与える思考」で生きて行くことで、よりよい人生を生きる事へと繋がるという事もあります。

お金のためだけに働くことで自分で自分の価値を下げていると思うのであれば、お金のためだけに働くのを辞め、お金以外の価値に目を向けてみるのも良いのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク


【お金のためだけに働くということ】

お金のためだけに働くという事が、奪う、奪われる思考になるというのは、働きながら「楽をしよう」としたり「自分の仕事だけ出来ればいい」というような「自分が良ければいい」という思いを生む事となり、例えば「楽をしよう」という思いは自分のエネルギーを出来るだけ使わないようにする事で自分のエネルギーを奪われないようにしながらも、会社からはお給料を出来るだけ多く貰おうという「奪う」思考をする事へと繋がるのではないでしょうか。

引き寄せの法則で言うと、自分が「奪う」思考をしていれば、「奪われる」人生となるという事ですが、普通に考えても「楽をしよう」としている人に対して会社は「お給料を下げよう」と思ったり、そうした人が「リストラの対象」となってもおかしくないかと思います。(引き寄せの法則の効果

お金のためだけに働き、自分のエネルギーを出来るだけ使わないようにする事を考えることは、そうした事を引き寄せる事にも繋がりますし、自分の価値を自分で下げる事にも繋がるものです。

「奪う・奪われる」思考で生き、「楽をしよう」としたり「自分がよければ」という思いで行動をする事で、そうした行動が「誰かに与えられる価値がない」ということや「自分にはこれだけしかない」という事を自分自身へと伝える事になるのではないでしょうか。

そしてそれは自分の価値を自分で下げている、という事になるかと思いますので、お金のためだけに働かない事を選択していく事、与えることに焦点を当てて行く事によって、自分の価値を高めることや自分の人生をより豊かに生きて行くことが出来るのではないでしょうか。

【お金の他の価値を見つける】

お金のためだけに働かずに、お金以外に働く価値を見つけたり、自分が誰かに何かを与える「機会」だと考える事などから、お金のためだけに働くことはなくなるのではないでしょうか。

お金以外に働く価値を見つけることは、自分がそこに価値を見出そうとしたり、価値を産み出そうとすれば見つかるものであり、例えば自分自身を成長させる事に価値を感じるのであれば、自分の成長に焦点を当てて働くことも出来ますし、人との関わりに価値を感じるのであれば、多くの人と関わりながら働くことに焦点を当てることも出来ます。(自分の価値観が人生を創る

自分が「お金のために働いている」と思っている時には、そうした「お金以外の価値」に対して目が向かなくなってしまうこともあるかと思いますので、自分が働くことによって「どんな価値を産み出せるか」という事を考えながら、働いてみるのも良いのではないでしょうか。

お金のためだけに働くことで「奪う・奪われる」ことを考えるのではなく、お金のために働いていたとしても、そこに「与える・与えられる」ことを考えること、自分でそこに何かしらの価値を産み出すことを考えて行くことで、人生はより豊かに、楽しいものへと繋がる事もあるのではないでしょうか。(感謝の気持ちを伝えると、なぜ人生が豊かになるのか

人生は自分で創って行くものであり、いつでも「今、自分が何を選択するのか」ということは、とても大切な事ですよね。



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク