「思い込みが激しい」を治す方法

思い込みが激しいのを治したい、と思うのは、その思い込みによってあまりよくない気分を味わう事になったり、「どうせ自分は」といった思いに苛まれる事に繋がるからではないでしょうか。

自分の思い込みだと思うけれど、陰口を言われている気がする、友人から距離を置かれてる気がする、恋人が自分に嘘をついている気がする、など、思い込みが激しい人は、本当の事は分からなくても「嫌われてる」と思ったり「嘘をつかれている」と思う事が多いのかもしれません。

そうした思いの多くは自分の自信の無さから来るものかと思いますが、思い込みが激しいことで辛い思いや悲しい思いをするのであれば、そうした思い込みは手放してしまった方がいいのかもしれません。

スポンサー ドリンク


【思い込みが激しい人】

思い込みが激しい人は、先程も述べたように「事実を自分の想像で膨らます」ことをしている事が多く、それによって自分の人生に「辛い事や悲しいこと」を増やしてしまうのではないでしょうか。

何気なく言われた言葉に対して「ひどいことを言われた」と思ったとしても、言っている本人の真意は違うものかもしれないですし、少し離れた所で話をしている友人と目が合ったとして、自分の事を話していると思っても、たまたま目が合っただけという事もあります。

そうした思い込みを持ってしまうのは、そう思う事によってそれ以上「傷つきたくない」と、自分を守るための反応なのかもしれません。

思い込みが激しい人というと、自意識過剰な人や何かに対して盲信してしまう人などもいるかと思いますが、思い込みが激しくて辛い思いをする、というのであれば、自分に自信がない人が多いのではないでしょうか。

【思い込みが激しいを治す方法】

「思い込みが激しい」を治したいと思うのであれば、自分は思い込みが激しいのだと気づいているのだと思いますが、それを治せずにいるのかと思います。

何かがあった時、自分の思い過ごしかもしれないと思うけれど、どうしても心配してしまう、気になってしまうのではないでしょうか。

そうした思いを辞める為には、自分に自信を持つ事や、事実を見る事に焦点を当ててみることから、自分を悲しませる思い込みの激しさを手放す事が出来るかと思います。(執着しない生き方

・自分に自信をもつ

思い込みが激しくて辛い思いをするのは、「自分を受け入れる事が出来ていない」からではないでしょうか。
自分に自信を持つ為には、そのままの自分を受け入れる事がまず、初めの一歩となるでしょう。

なぜ自分を受け入れる事が出来ていないと、思い込みが激しくなるのかと思う方もいるかもしれませんが、自分を受け入れる事が出来ないことによって、「周りにも同じ様に思われている」と思う事になるからです。

例えば自分は人より劣っているという思いがあれば、「周りの人にもそう思われている」という思いから、余計自分に自信が無くなって行くかもしれません。

ですがそうした自分も自分なのだと受け入れる事が出来れば、それに対して悲観的になることもなく、今の自分で良いのだと自分に自信を持つ事にも繋がるのではないでしょうか。
そして自分に自信を持つ事ができれば、思い込みが激しくて辛い思いをする、という事も無くなって行くかと思います。(自分に自信が持ちたい、自分に自信がない人へ

・事実を見る事に焦点を当てる

思い込みが激しい人は、自分の現実に起こっていない事、事実かどうか分からない事に対して想像し、悲しみや辛さを感じるので、自分の現実に起こっている事だけ、「事実だけを見る」という事に焦点を当ててみるのも良いのではないでしょうか。

事実だけを見る、という事は全てに対しては難しいかもしれませんが、少しずつでも自分の現実で「何が事実なのか」という事に焦点を当てる事が出来れば、思い込みが激しい事によって辛い思いや悲しい思いをすることは少なくなるかと思います。

自分の思い込みが激しいと思うのであれば、まずは自分を受け入れ、自分に自信をもつことから、自分の人生を自分の望むように創造する事が出来るのではないでしょうか。(自分を受け入れる方法



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク