恋愛に疲れた人が幸せな恋愛をする為に必要なこと

片思いで意中の相手がなかなか振り向いてくれなかったり、恋人と楽しい時間を過ごした後に喧嘩になったり、恋愛していると相手の言葉や態度、行動の1つ1つに一喜一憂することがあります。そしてその一喜一憂が、恋愛で疲れる原因となる事は多いものです。

そうして恋愛に疲れ、恋愛する事を遠ざけてしまう事を選択する人もいるのではないでしょうか。

相手に対して一喜一憂する事は、長く続くと疲れてしまいますが、恋愛をしている楽しみの1つでもあるかと思います。
メールの返事が早かっただけで嬉しくなったり、反対に返事が返ってこなくて心配になったり、恋人になって幸せなはずなのに些細な事で喧嘩をしたかと思ったら、仲直りしてより絆が深くなったり。

恋愛をしていると色々な事が起こり、その度に嬉しくなったり悲しくなったりします。
それが恋愛だ、と思っても楽しいのは最初だけで、途中からそうした一喜一憂する事に疲れてしまい、その相手との別れを選択する事もあるかと思います。

恋愛に疲れるのは、相手が自分の思う様に動いてくれない事や、相手に依存している事で自分の人生を相手に委ねているからかもしれません。

恋愛に疲れた人が幸せな恋愛をする為には、何が必要なのでしょうか。(「人間関係に疲れた」あなたへ

スポンサー ドリンク

【相手に依存しない】

恋愛相手に依存していると、恋愛に疲れてしまう事が多いかと思いのではないでしょうか。
相手に合わせて服の好みを変えたり、相手が好きそうな女の子になろうとしたりすることは楽しい事でもありますが、それが自分を偽ることになるのであれば少し考えた方が良いかもしれません。

相手の負担にならないように良い子に振る舞ったりしても、心の中ではいつも「どこで誰と何をしているのか」が気になって仕方が無い、という事もあるかと思います。

恋愛で相手に依存して生きる事は、幸せな恋愛をする為には手放した方が良いもの。

相手に依存して生きる、という事は「自分の人生を相手に委ねている」という事で、自分が幸せになるのも不幸になるのも相手次第、という事になってしまいますよね。

相手に必要とされるから、と思い依存してしまう人もいるかもしれませんが、依存体質を改善する方が幸せに、穏やかに恋愛を楽しみながら生きて行く事ができるのではないでしょうか。

好きだから依存する、執着するという事はありません。
自分のものであって欲しいという思いや、自分の事を必要として欲しいという気持ちから依存や執着は生まれるのですね。
それは相手の為というよりも、自分の為の思いではないでしょうか。

ですのでもし相手が自分に嫉妬してくれない、執着してくれないと思い悩む事があるのであれば、その相手の価値観をきちんと知る事も大切な事かと思います。(依存体質を治して自分の人生を生きる方法

【恋愛以外も楽しむ】

恋愛に疲れた人は恋愛から遠ざかろうとする人もいるかと思います。ですが恋愛から遠ざかろうとする事は「自分が傷つかない為に恋愛しない」事を選択しているだけであって、本当は恋愛がしたいのに無理にそれを拒絶している状態となってしまいます。

恋愛に疲れたからといって、無理に恋愛を遠ざける必要はないと思いますが、恋愛以外の事に目を向けてみる事は、結果的に幸せな恋愛をする事に繋がる事もあるかと思います。

相手との時間を楽しむ事はもちろん大切ですが、自分の時間を持つ様にする事、自分がやりたいことを探してみたり、やってみたりする事で人生をより楽しく生きる事が出来るかと思います。

相手の事ばかりを考え、相手の為に生きている人生を歩んでいると、どうしてもどこかで疲れてしまいます。
それは自分ではコントロール出来ないものをコントロールしようとしてしまうからではないでしょうか。

恋愛以外の事も楽しんで、自分の人生が良い方向に行く、いい気分を多く感じる事をするというのは、より幸せな事、いい気分でいる事を引き寄せる事にも繋がります。
そしてそれは恋愛にも良い影響を及ぼす事となるでしょう。(やりたいことを見つける方法

【駆け引きをしない】

恋愛は駆け引きだとも言われますが、駆け引きをする事もされる事も恋愛に疲れてしまう理由となり得ます。

相手の気を惹きたいが為に異性の話をしてみたり、気の無い素振りをしてみたり。そうした駆け引きを上手に使って異性を虜にさせる人というのもいるものですが、幸せな恋愛、穏やかな恋愛をしたいと思うのであれば、駆け引きは不要なものではないかと思います。

相手に自分の気持ちをきちんと伝える事で、駆け引きをしなくてもお互いの気持ちを理解し合える事が出来ますし、相手を試す様な真似をするのは「あなたの事は信じていない」という思いが現れているのではないでしょうか。

相手の事を思うのであれば、心配するのではなく信頼しましょう。

そしてその選択は自分が選択した事だという事も、考えておく事は大切かと思います。

恋愛に対して疲れた時は、恋愛から離れてみるのも確かに1つの手ではありますが、なぜ恋愛をしていて疲れるのか、自分は何を望んでいるのか、という事を突き詰めて考えて行くこと、そして改善していく事で、幸せな恋愛へと繋がるのではないでしょうか。

【恋ではなく愛へ】

恋に恋して恋に疲れるという事はよくあります。片思いや恋愛が上手く行かないという時は「恋」をしている時かもしれません。

恋をする事が楽しいと思っていたり、異性に求められる事が嬉しいと思っていれば恋愛に疲れる事を望んでいなくても、そうした状況を無意識に引き寄せてしまっているという事もあります。

幸せな恋愛を望むのであれば「相手に愛を与える」事を考えてみてはいかがでしょうか。

自分が与えたものが返って来るという言葉通り、あなたが愛を与える事に目を向けた時、あなたは愛を受け取る事ができるものです。
愛を与えるというと「相手に尽くす」という事を考える事もあるかもしれませんが、相手に尽くす事は愛を与える事とはまた違うものではないでしょうか。

相手に尽くすという事は「相手の世話をやく」ことや「相手の望む事をする」という事で、それが本当に相手の為になるのかどうかまで考えなければ良い様に振り回され、また恋愛に疲れてしまう事にもなり得ます。

尽くす事は愛を与える事とはまた別のもの、という事もきちんと考えておく事は大切な事ではないでしょうか。

【異性を見る目を養う】

幸せな恋愛をする為には、異性を見る目を養うという事も大切なことですよね。
いつも恋人に振り回されたり、騙されたり、裏切られたりする、という人は、人を見る目を養うことを考えてみてはいかがでしょうか。

信頼の置ける恋人がいれば、心配する事もなく幸せに恋愛をする事ができますよね。

人を見る目を養う為には、相手の言葉よりも行動を見る事をするだけでも、相手が信頼の置ける人物なのかどうかというのが分かるのではないでしょうか。

言葉ではどれだけ「好き」だと言われても、「大切だ」と言われても、それに行動が伴っていないのであればその相手への信頼というのは無いものです。自分に対する態度でもそれを読み取ることは可能ですし、普段どのような行動を取っているのか、という事も見ることで、さらにどんな人なのか、という事が理解出来るのではないでしょうか。

恋は盲目と言われるように、ちょっと「あれ?」と思うような事があっても、「好きだから良いか」となってしまう事がありますが、一度落ち着いて、客観的に相手を見てみることや、自分では出来なさそうだと思うのであれば、友人に紹介してイメージを聞いてみる事もできるかと思います。

異性を見る目を養う事で、幸せな恋愛が出来る相手を見つける事が出来るのではないでしょうか。

【幸せな恋愛を心から望む】

幸せな恋愛をしたいと思うのであれば、それを心から望む事はとても大切な事となります。
人生は自分の思考の反映であり、自分が引き寄せたものだと言われるように、今の現実は自分で創ったものだという事を知りましょう。(引き寄せの法則の本質を理解する

自分の人生に責任を持てない人は、誰かに自分の人生を、自分の幸せを預けてしまいます。ですがそれでは自分の人生を自分の望む様に創造していく事は出来ないですよね。

幸せな恋愛を望むのであれば、幸せな恋愛や幸せな人生に焦点をあて、それに繋がる選択をしていく必要があるのではないでしょうか。

自分が今何を選択するのか、それは人生を大きく変える選択になるかもしれません。(自分の人生に責任を持つ、選択するという事



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク