潜在意識を書き換えて人生を変える方法

潜在意識を書き換える為には、自分の潜在意識は何を求めているのか
何を望んでいるのか、という事にまずは焦点を当てる必要があります。

あなたの潜在意識は何を求めているでしょうか?
潜在意識とは、私たちが自分では認知出来ない心の奥底の意識です。

私たちが日頃考え事をしたり、悩んだりしているのはすべて顕在意識が行っているのですが
この顕在意識というのは人の意識の中のほんの少しだと言われています。

私たちが額に汗をかくほど考え事をしたりしても
引き寄せの法則に従って望む事をいくら思い描いたとしても

あなたの潜在意識がそれを達成出来ると思っていなければその夢は夢で終わってしまう、という事になってしまいます。

ですが反対に、この潜在意識を私たちが少しでもコントロール出来る様になれば
自分の潜在意識を書き換える事が出来る様になれば
あなたは今までよりももっと沢山の事が出来る様になるようです。

スポンサー ドリンク

【自分の潜在意識を知る】

あなたが潜在意識で思っている事はあなたの現実に反映されています。

例えばあなたが働かずにお金を生み出す事が出来ると潜在意識で信じていれば
あなたはすでに働かずにお金を生み出す事が出来ているでしょう。

あなたが好きな人と結婚して子供を産んで幸せに生きて行けると潜在意識で信じていれば
あなたはその現実を受け取るでしょう。

女性は男を騙す生き物だと潜在意識で信じていれば
あなたは女性に騙され続けて生きて行くでしょう。

あなたはあなたの現実を見る事によって
潜在意識では自分はどこらへんまでの願望を達成出来ると思っているのかが分かります。
そして自分が潜在意識で信じている事、固定観念が分かります。

あなたが叶えたい夢、やりたいこと、達成したい目標はどのような事でしょうか。
そしてあなたがそれらを叶えられていないという事は、あなたは潜在意識ではそれを達成出来ない
もしくはそれを達成するのは難しいと信じているという事になります。

【潜在意識を書き換える方法】

潜在意識を書き換える方法というのは知っているだけでもいくつかありますが
実際に分かりやすくて現実的で、一般的に受け入れ安いものとしては

あなたの持っている固定観念に気づき、それを手放し新しいものを取り入れる方法や(固定観念を捨てる方法
毎日「自分には出来る」などの言葉を繰り返す、いわば自分を自分で洗脳する方法
今までの価値観と違う人やグループと一緒に行動する方法(人間関係の変化)や
現実的に自分の知識や見解を広めてパラダイムシフト(劇的に価値観が変わる事)を起こす方法などがあります。
自分が嫌いな人はいない

スピリチュアルな方面でいくと、ホ・オポノポノという自分の意識や過去を探る事なく
4つの言葉を繰り返すというものや、イメージング、瞑想などの手法もあるようです。

潜在意識を書き換える方法にばかり意識がいきすぎると
それに捕われてしまうこともあるので、そこは注意が必要です。

何の為に潜在意識を書き換えたいと思ったのかを忘れない程度に取り組みましょう。

【自分が出来ると信じれる事を増やして行く】

潜在意識を書き換えるという事は、今までの自分の出来ると信じている範囲を
もっと広げて、自分にはもっと沢山の事が出来るのだと心から信じれるようになる事です。

とは言っても私たちが今何かを考えている意識は顕在意識ですので
顕在意識でどれだけ「信じている」と思っていても、それを現実に起こす事が出来ていなければ
まだ潜在意識では信じきれていない、もしくは出来ると思うけど時間がかかるとか、難しいと思っているという事です。

自分の行動や自分の今居る環境、よく一緒に居る人を見渡してみると
自分の潜在意識のレベル、どんな事が普通に実現可能だと思っているのかが分かります。

人生を変えたいという思いがあるのであれば、潜在意識を書き換えながら
あなたが望む方向へと行動していく事であなたの現実は変わります。(あなたの現実を変える方法

もしお金持ちになりたいと望んだとしても、いきなり億万長者になれると信じて行動する事はなかなか出来ないかもしれませんが
少しずつでも自分でお金を生み出す事が出来れば、あなたの意識に変化が訪れます。

もっと幸せに、豊かに暮らしたいと望むのであれば
幸せに、豊かに暮らしている人に会いにいったり、そうなる為に不必要な自分の観念を手放したり
その為に必要な行動を取って行く事が大切かと思います。(引き寄せの法則を知っているだけでは、何も知らないのと変わらない



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク