仕事が合わないと思ったら考えたいこと

仕事が合わないと思ったとき、辞めたほうがいいか、もう少し続けてみたほうが良いのかと悩むかもしれません。

仕事は人生の中でも多くの時間を使うものですので、仕事が自分に合うか合わないかというのはとても大切なことかと思います。

「割に合わない」「人間関係が合わない」「仕事内容が苦手なことだ」など、そうしたことを思いながら長く続けることはストレスにもなりますし、精神的に良くないと自分では分かっていても

「次の仕事が見つかるかわからないし」「どこにいっても人間関係の合う合わないはあるんじゃないか」「仕事だから苦手なことでもやらなければ」などという思いを持ち、仕事を続けているという人もいるのではないでしょうか。

「仕事が合わない」と思ったら、自分はどんな仕事をしたいのか、どんな人生を歩みたいのか、優先するものは何か、ということなどを考えていくのもいいかもしれません。

スポンサー ドリンク


【仕事が割に合わないと思ったら】

仕事が割に合わないというのは、仕事内容が大変なこと、例えば毎日忙しく動き回っていたり、危険を伴うことや、大きな責任を持つことなどをしているのに、それに対してお給料が少ない、見返りが少ないという時に「割に合わない仕事だ」と思いますよね。

ただ、そこに「やりがい」があったり「人からよく見られる」という要素があった場合は、仕事を続けるか辞めるかを悩んでしまうかもしれません。

例えば美容師、花屋、ケーキ屋、カフェの従業員などは、労力の割にはお給料が安いことが多いですが

「美容師」だとか「ケーキ屋」とかは、華やかな印象を人に与える事ができるので、地味な仕事をしてお給料が高めの方が良いか、お給料が安くても華やかな仕事がしたいかを考えてみるといいかもしれません。(人は何のために生きるのか

お給料の割に責任が重い、危険なことをしているというのであれば、転職を考えた方が良いかと思いますが、その仕事を長く続けていて辞めにくい、楽になっているのであれば、自分の中で何を優先させるのか?を考え

お給料を優先させたい、安全そうな仕事をしてたい、というのであれば、1度転職の相談などをしてみるといいのではないでしょうか。

【仕事で人間関係が合わないと思ったら】

人が「この人合わないな」と思うのは、「価値観の違い」から来るものですよね。

そして価値観の違いというのは、多かれ少なかれ、どこにでもあるもので、それをほぼ無くしてしまいたいと思うのであれば、1人で黙々とやる仕事を探すか、自営業を始めるか、そうした選択になるかと思います。

ただ、「あの人だけ合わない」というものであれば、仕事を辞める程なのか、と悩むかもしれません。

職場全体の価値観が合わないのであれば、辞めてしまって自分の価値観と合うような職場を探した方がいいかと思いますが、特定の誰かだけ、というのであれば、その人の価値観に触れてみる、近寄ってみることを選択した方がいいかもしれません。

その考え方は好きじゃない、と跳ね返すのではなく、そうした価値観もあるのだと受け入れること、「この人はこういう考え方をする人だ」と思うことが出来れば、不必要に怯えたり恐縮したり、勘ぐったりすることも無く、人間関係で苦労する事も少なくなるのではないでしょうか。(人間関係で転職を繰り返さない為に考える事

【仕事内容が合わない】

そもそも仕事内容が自分と合わない、というのであれば、お給料に多少変化があっても仕事を変えた方が「人生をトータルで考えたとき」には幸せに生きる事が出来るかと思います。

お給料は良いけど自分のやりたくない仕事をして、そのストレス発散に沢山のお金を使って、となるのであれば特に、シンプルに生きる事を考えてみた方がいいかもしれません。

自分にはどんな仕事が合ってるのか、それはやってみなければ分からないかもしれませんが
周りの人にも「どんな仕事が合ってるのか」という事を聞いてみるのもいいかと思います。

自分に合った仕事を見つける事が出来れば、人生はもっと自分のやりたいこと、望む方向へと向かうのではないでしょうか。(仕事を楽しむ為に必要なこと



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク