仕事が長く続かない人へ

仕事が長く続かない人、アルバイトも正社員も続かない、1つの企業で長く働く事が出来ないという人は何故そうなってしまうのでしょうか?
仕事が続かなくても、若いうちは特に問題なく過ごす事が出来るかもしれませんが、雇われて働く人生を生きるのであれば転職し続けることで「続かない人だ」というレッテルを貼られ、いずれ働く場所を選ぶ事も出来なくなって行く事もあります。

仕事が続かない人は「もっと良い会社があるはずだ」とか「自分にはこの仕事は合わない」「思っていたのと違う」という思いなどから仕事を変える事が多いと思いますが、自分の現実は自分が創っているという事を知り、理解する事で、今までとは違う現実の見方が出来るようになるのではないでしょうか。

仕事が続かない人は、その現実を自分で創っているという事に意識を向けて考えてみましょう。(想像して創造する

そして仕事を続けたいのか、何をしたいのか、人生で自分が優先する事は何か、といった事も同時に考えてみると良いのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【もっと良い会社がある】

仕事を点々とする人の中には、お給料に満足していなかったり、労働時間が長い事に不満があったり、会社の雰囲気が好きじゃない、経営方針に共感出来ないなど「その会社の不満」に焦点を当てる人生を生きている人が居ます。

そして何かしらの不満に対して焦点を当てるという事は、よりその現実を引き寄せてしまうという事に繋がりますので、そのままではいつまで経っても「もっと良い会社」は見つからないのではないでしょうか。

引き寄せてしまう、というのは自分が「不満に焦点を当てる」事を選択していれば、もっと「不満な事」に目がいくので、人生が不満だらけになってしまう。という事も言えますし、その時に感じている感情は良いものではないはずですが、同じ様な感情を引き起こす出来事を引き寄せるという事も言えます。

もっと良い会社があるはずだ、だからこんな会社は辞めてやる、という人は次の会社でも同じ様に不満を持って辞めるという事を繰り返してしまう事が多いのではないでしょうか。(引き寄せの法則の効果

【自分には合わない】

転職を繰り返してしまう理由として、「自分には合わないから」という事もよくあるかと思います。

自分には合わない、というのは確かに人によって得意な事と苦手な事は違いますし、自分の能力を活かせないと思う事も含まれるのかと思いますが、「自分には合わない」という人は、どんな仕事だったら「自分に合うのか」を知る必要があるのではないでしょうか。

自分に合う仕事、という事を知る為には自分が得意なこと、好きな事や興味のある事を探って行く事で見えて来る事はあるかと思いますが、自分に合った仕事であれば続けられる、というのも少し違うのではないかと思います。

雇われる側の人というのは、多くの場合は会社から言われた事をやるのが仕事ですので、自分には合わないと思い仕事を点々とするのであれば、いっそ自分でお金を産み出す事を考えてみた方が良いのかもしれません。(お金を働かせることで「お金を産み出す」方法

【思っていたのと違う】

仕事に夢を持って就職したりアルバイトを始めた人に多いのは「思っていたのと違う」という現実です。
この思いはとても多くの人が経験しているのではないでしょうか。

ですがそこで「続ける」のか「辞める」のかは自分の選択次第です。

思っていたのと違う、というのは自分が勝手に想像していた「理想像」が高く、良い所しか見れていないという事で、それによってそのギャップに落ち込んでしまうのではないでしょうか。

何の苦労もなくただ凄い人というのは居ないように、見えない所での努力や継続は大切なものです。

「思っていたのと違う」と思い、会社を辞めては「ここは楽しそうだ」とか「憧れる」といった理由で新しい仕事を探していれば、そのループを抜け出す事は出来ないのではないでしょうか。

そうして仕事が続かない人は、仕事に夢を貰いに行くのではなく、自分が夢を与えに行く事を考えましょう。

お給料を貰う事、安定を貰う事を考える事は確かに生きて行く為には必要かもしれませんが、その他にも自分が会社の為に出来る事や、会社で働く事で人の人生を豊かにする事を考える事も大切な事ではないでしょうか。

会社に入ってから、思っていたのと違うと思っても、「良い」と思った何かがそこには在るはずですよね。
その瞬間を与える事が出来る立場になったという事は、与える事が出来るという事。

「思っていたのと違う」と思い辞める前に、一度考えてみてはいかがでしょうか。

【与える事に焦点を当てる】

貰う事ばかりを考えている人は、足りない事に対して焦点を当てて人生を生きて居ます。
それではいつまで経っても人生は豊かなものにはならないと思いませんか?

反対に、与える事に焦点を当てるとき、人は満たされています。
自分が足りないのに人に与えるという事を考える事が難しいように、人に与えるという事を考えている時に「足りないもの」を考える事も難しいのです。

そして自分が「足りている」「満たされている」事を考えて生きて行く事は、自分が満たされる状況を引き寄せることに繋がります。

仕事が長く続かない人は、会社に対して「足りないもの」を見るのを辞め、「感謝出来ること」に焦点を当てて生きて行くと、大きく人生が変わる事になるかもしれません。(仕事にやりがいを見つける方法



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク