仕事を辞めたいと思ったら考える事

仕事を辞めたい、そう思った時には何を考えればいいでしょうか?

あなたは今の職場に満足しているでしょうか?出来れば転職したいと考えているでしょうか。
仕事が辛い、しんどいと思い、「仕事に行きたくない」と思えば思う程
もっと仕事に行く事が辛くなりますよね。

仕事に行きたくないけど、いかなければ行けない。
仕事を辞めたいけど、辞めさせてもらえないなど

仕事を辞められない理由は色々とありますが
仕事を辞めたいと思うのであれば考えた方が良いことについてまとめてみました。

スポンサー ドリンク

【仕事を辞めたいのに辞められない】

仕事を辞めたいと思っても辞められない、大きな理由の1つは「お金」だと思います。
仕事を辞めれば毎月あったお給料が無くなる訳ですから
そうなれば「どうやって生きて行こう」ということになりますよね。

さらに家庭を持つ親という立場の人は、家族を養っていることから
自分が「仕事を辞めたい」と思ってもなかなか踏み切る事が出来ずにいるかもしれません。

独り身であれば生活水準を下げる事も出来ますが
家族ぐるみだとなかなかそうも行かないですよね。

自分が仕事を辞めたいと思い、その思いを職場の人に伝えても
それを受け入れてくれないという所も、少なからずあるかと思います。

「今自分が辞めたら職場が大変な事になる」と思い
辞められない人もいるのではないでしょうか。
それは思いやりや優しさからの思いかもしれませんが
それではあなたが犠牲になるだけです。

自分が辞めれば、自分は良いかもしれないけれど
残った人の苦労を考えると気が引けたり、申し訳ない気持ちになってしまうかもしれません。

職場にどうしても合わない人がいるという場合も
仕事を辞めたいと思う大きな理由かもしれません。

では、その問題を解決させる為には、辞める為にはどうすればいいのでしょうか。

【人間関係の問題】

職場の人間関係が問題で辞めたいと思うのであれば
仕事を辞める事はあまりオススメしません。

人間関係の問題というのはどの職場にもよくあることですが
その問題の根本を解決しないことには、あなたが仕事を辞めた所で
また違う職場で同じ様に人間関係に悩む事になると思います。

それでは転職を繰り返すばかりです。

人間関係の問題で仕事を辞めたいと思うのであれば
自分の受け取り方や、考え方を変える事でその問題は薄れて行くかと思います。(ゆるく生きる方法

本当に無理だと思う程の事、例えばパワハラなどで肉体的にも
精神的にも追いつめられているのであれば、すぐにその職場を辞めて休息を取る事をオススメしますが
そうでない場合は、少しずつ現実を変えていく事を実践してみてはいかがでしょうか。(「人間関係に疲れた」あなたへ

【人が少ない問題】

自分が抜けたら仕事が回らなくなる
自分が抜けたら他の人に負担がかかるから辞められないという場合ですが
それではあなたの人生はどうなるのでしょう?

どの会社でも人が足りないという時期はあるものです。
そしてそれは会社に勤めて働いている人であれば覚悟するべき事だと私は思います。

ですので人不足なだけであれば気にせず辞めてしまいましょう。
それでも気が引けるのであれば、繁忙期が過ぎてから辞めればいいかと思います。(人生の優先順位を決める

必要な時は残業、休日出勤を求められ
必要なくなればリストラさられるのが雇われている人のリスクです。(会社に依存する事のデメリット

【お金がない問題】

人間関係に並んで多いのは収入源が無くなるという問題です。
これは雇われて働いている人に取ってはとても大きな問題点かと思います。

あなたは働かなくては収入を得る事が出来ない
仕事をしなければ収入を得る事が出来ないと思い、仕事を探すかもしれませんが
収入を得る為には雇われるしかないというのは、勘違いです。

あなたはお金を稼ぐ方法を1つしか知らないので、それをするしか無くなっているだけです。
お金を生み出すことは仕事をする他にも色々な方法があります。(お金持ちになる方法

あなたがお金の事を考えて仕事を辞められないのであれば
その仕事を続けながらも、お金を生み出す事を考えて行くのが良いかと思います。

仕事を辞めたい理由は人によって様々ですが
仕事を辞めたいという思いから人生を変えて行く人は多いかと思います。

もっと自分の生きたい人生を生きる為の行動を取って行くこと
それだけであなたの人生が大きく変わることもあるかと思います。
自分の可能性に気づく



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク