シンプルな生活をする

シンプルな生活をする事は、必要のない事や物への執着を手放し、自分の人生で「本当に大切にしたいもの」を大切にする事に繋がったり、自分が本当にやりたい事を優先させてやることが出来ることに繋がるかと思いますので、毎日が忙しいと感じていたり、家に物が溢れていると思うのであれば、シンプルな生活をする事を考えてみても良いのではないかと思います。

例えば仕事が忙しくて、毎日多くの時間を働く事に使っていたとして、それによってお給料を沢山貰っていたとしてもその仕事のストレスを解消する為に買い物をしたり飲みに行ったりする事になるのであれば、ストレスを貯めないように仕事の量を減らして暮らす方がシンプルに生きる事が出来るのではないでしょうか。

シンプルな生活をするというのはその「過程を減らす」事を考える事になるかと思います。

自分が本当に欲しいと思うものであればそれを買うのも良いかと思いますが、ストレスの発散の為の買い物や、人に評価されたいが為にとってしまう行動があるのであれば、そうした事を見直す事からシンプルな生活をする事に繋がるのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク


【物を持たない】

自分が所有するものが多ければ多い程、それに執着してしまう事にも繋がりますので、必要ないと思うことや物への執着を手放す為にも「物を持たない」事を考えてみるのも良いかと思います。

もし今、着ない服や履かない靴、長い間押し入れに入っている物などがあるのであれば、そうした物は思い切って捨ててしまうことや断捨離を考えてみてはいかがでしょうか。

部屋をスッキリさせる事は、自分の心もスッキリする事に繋がるかと思いますし、今までの楽しかった経験や思い出の品などもあるかもしれませんが、そうした事に執着していれば「これからのこと」に目を向ける事がしずらくなってしまうのではないでしょうか。

本当に大切なもの、必要だと思うもの、自分がいい気分を感じるものは残し、必要ないもの、使わないもの、あれば便利だけどなくても困らないものなどは捨ててしまう事を考えてみてもいいかと思います。

例えば車のローンを払う為に仕事をしなければいけないのであれば、車を所有せずに使うときだけ「借りる」という事を考えたり、それによって働く時間を減らすことや自分が本当にやりたい事にお金を使う事も出来るかと思いますし、自分に合った「シンプルな生活」を思い描いてみてはいかがでしょうか。(お金の使い方を考える

【最低限必要なものを考える】

シンプルな暮らしをするならば「必要なもの」と「そうでないもの」を自分の中で分ける事が大切になるかと思います。

自分にとって「必要なもの」というのは、本来そんなに多くはないはずです。

ですが服が沢山あったり、食器が沢山あったり、そうしたものをどれだけ綺麗に収納するかを考えるのではなく「どれだけ物を少なくするか」を考えた方がシンプルな生活をする事に繋がるのではないでしょうか。

物が多くなってしまうのには「人によく見られたい」ことや「貧相だと思われたくない」「便利だから」などの理由から物が多くなるという事もあります。

自分の着ている服によって「自分の評価が決まる」と思っていれば、流行りの服を買うために働く、という事にも繋がることがあるかと思いますが、人からの評価を気にしすぎることはシンプルに暮らして行きたいと思うのであれば手放した方が良い思いではないでしょうか。

人からの評価が「自分にとって本当に大切」だと思っていれば、その生き方を変える必要は無いのかもしれませんが、そうした「人の評価で生きる」事を選択していれば、「人の評価によって自分の人生は左右される」ことになることは考えておいた方が良いのかもしれません。(人のために生きるのを辞める

【本当に大切なものを選択する】

人によって、本当に大切なものというのは違うかと思いますが、例えば家庭を持っていて、子供の為に頑張って仕事をして沢山お金を稼がなければいけない、と思う人は多いかと思いますし、その為に夫婦共働きで頑張るという人もいるかと思います。

それは「本当に大切な子供の為の選択」ですが、そうして頑張って働くことによって「子供と一緒に居る時間」や「子供の成長を見る時間」を減らす事に繋がる事もあります。

どちらが良い、と決められるものでもないかと思いますが、自分が「本当に大切にしたい事」について、きちんと考えてみることから、本当に大切なものを大切にする為の「シンプルな生活」をする事へと繋がるかと思います。

その時には「誰にどう思われるか」ではなく、「自分はどうしたいのか」という事を考えてみてはいかがでしょうか。(後悔しない選択をしよう



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク