視野を広げて物事を見る方法

視野を広げる方法とは?

視野を広げる」ということは、どういった事だと思うでしょうか?

「あの人は視野が狭い」という言葉はよく耳にしたりするかもしれませんが
自分の視野が狭いのか、広いのかは、自分が基準であれば
自分から見ればあまり分からないものですし

「視野の広い人」と「視野の狭い人」が話をすれば
「視野の狭い人」から見れば「視野の広い人」が何を言っているのかわからない
ということもあるかもしれません。

一般的に「視野が広い」とされる人は、「今だけ」や「目の前の事だけ」ではなく
「その後」や「その周り」までも考えられる人であり

「視野が狭い」とされる人は「今だけ」や「目の前の事だけ」しか見えない人である
というようなイメージかと思います。

そして「視野が狭い」のか「視野が広い」のかというのは
自分の成長であったり、持っている知識が増える事によって
視野が狭かった」と認知出来る様になるのではないでしょうか。

「視野の広がり」を経験すれば、過去の自分は「視野が狭かった」と思うようになり
「視野が狭い人」を見れば、自身の経験上「視野が狭い人だ」と思うことがあります。

そして「視野が狭い自分」がいたことを理解している事によって
「もっと知らない事、見えていないものがある」と思うのではないでしょうか。

もっと自分の視野を広げて物事を見たいと思うのであれば
その為の知識を付けてみるのも良いかもしれません。(自己啓発本が役に立たない理由

スポンサー ドリンク

【「絶対に自分が正しい」と思わない】

視野を広げるということは、今までの考え方と違う考え方をするようになるという事ですので
「自分の意見は絶対に正しい」と思い、周りの人の意見や
「視野の広い人」の意見に対して耳をかさない、人の意見を素直に受け取らないということをしていると
いつまで経っても「視野を広げる」という事は出来ないのではないでしょうか。

「自分にはまだまだ知らない事が多い」と思う事で
視野を広げるための知識を「素直に受け入れる」という事ができ
自分の視野を広げる事へと繋ぐ事ができますよね。

自分の視野が広がる経験をしなければ、自分の視野が狭かったと気づく事も出来ません
視野を広げたいと思うのであれば、自分の意見が絶対に正しいとは思わないこと
そして、人の意見に耳を傾けてみるということが大切だと思います。(自分の人生に責任を持つ、選択するという事

【知識を増やす】

視野が広いという事は、物事を様々な角度から見る事が出来るという事です。

そして物事を様々な角度から見る為には、その為の知識を増やす
ということも大切な事となるのではないでしょうか。

知識を増やす、という事には多くの意味が受け取れますが
「視野を広げるための知識」というと「価値観、考え方」についての知識が
大きな影響力を持っているかと思います。

自分の視野が広がった瞬間というのは、考え方に変化が現れたのではないでしょうか。

それを意図的に起こすという事は、自分からその考え方や価値観について学ぶ
ということをしていく事によって、その考え方や価値観が腑に落ちれば
あなたの視野は広がるのかもしれません。

考え方や価値観を学ぶのであれば
思想や哲学といったジャンルの本を読んでみるのも良いかもしれませんし
誰かと何かについて「議論」してみるのも良いかもしれません。(自分の世界を広げる方法

【視野を広げることに執着しない】

視野を広げることによって、物事を広い範囲で見渡す事ができ
人生において本当に大切な事であったり、今何をするべきなのかが見えて来るかもしれません。

それは人生を変える程のものであることも多いです。
考え方や価値観が変われば、人生は変わるものです。

ですが「視野を広げる」という事に対して、執着する必要はありません
視野を広げなければいけない」と思う必要もありません。

自分の視野が広がる事が楽しいのであれば、それで良いかもしれませんが

それが「しなければいけない」という思いなのであれば
「視野を広げたい」と思わない限りは、無理に広げようと思うことは
自分を追い込んでしまったり、責めてしまう事に繋がるという事もあります。

「視野を広げる」事によって、人生をもっと良くしたいと思うのであれば
視野を広げる事を目的としてしまってはいけないんですね。

「視野を広げる」ということは、よりよい人生を生きる為の「手段」です。

その「手段」を選択することによって
よりよい人生を生きるという目的が薄れてしまっては本末転倒ですよね。

自分が楽しい、好きだと思う「手段」を使って
目的への道も楽しむことが出来れば、それが一番良いのではないでしょうか。(考え方の癖を変える



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク