承認欲求が恋愛に及ぼす影響

承認欲求とは、人に認められたい、褒められたい、必要とされたいというような欲求の事ですが、承認欲求が強い事によって幸せな恋愛を遠ざけてしまっている、という事があります。承認欲求は少なからず誰にでもあるものですが、それが強すぎると、恋愛で辛い思いをしたり、悲しい思いをしたりする事へと繋がってしまうのではないでしょうか。

承認欲求が強ければ、相手に自分の事をもっと見て欲しい、構って欲しい、褒めて欲しい、知って欲しい、認めて欲しい…というような事を思うのではないかと思いますが、それでは相手も疲れてしまいますよね。

自分の事ばかり考え、相手の事を考える事すらも自分の為になってしまう、という状況まで行けば、幸せな恋愛は程遠いものとなってしまいます。

承認欲求が強いと思うのであれば、その承認欲求を手放す事を考えてみることで、幸せな恋愛へと繋がるのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【認めて欲しいという思い】

恋愛で相手に「自分の事をもっと認めて欲しい」「自分の事を受け入れて欲しい」と思う事は多々あるかと思いますが、それが相手への負担になると思い我慢する人もいるかと思います。

そうした承認欲求がなぜ出て来るのか、というのは、1つは自分に対する自信のなさではないでしょうか。
自分が認められる事、受け入れてもらえる事によって、自分の存在価値を見出すことが出来たり、自分は必要とされる人間だと思う事が出来る為、それが自分の自信へと直結するのかもしれません。(自分に自信が持ちたい、自分に自信がない人へ

そうした人は自分で自分に対して価値を見出す事が出来ない為に、誰かに認めて貰う事でそれを補おうとするので、恋人に対して「自分を受け入れて欲しい」と強く思うのではないでしょうか。

【承認欲求を手放すには】

自分に対して自信がない、自分は価値のない人間だと思っていれば、人に認められたいと思う事が多くなるものです。
そうした承認欲求を手放す為には、自分が自分を受け入れてあげる事、自分で自分を必要としてあげる、認めてあげるという事が大切な事なのではないでしょうか。

人に認められないからといって、自分に価値がないのかと言えば、それは当てはまりません。
自分の価値は自分で決める事ができるものですし、自分で価値を高める事も出来るものです。(自分の価値を知る

人に認められたいが為に自分の価値を高める事は、結局「誰かに認められる事」を求める事になりますが、自分が自分に価値があると思えるようになれば、自然と認められたいという思いも弱くなって行くのではないでしょうか。

【承認欲求を手放せば幸せな恋愛が出来るのか】

承認欲求を手放す事によって、相手に認められたい、受け入れて欲しいという事に対して行き過ぎた思いを持つ事が無くなります。
そうすると自分の心に余裕が生まれますし、自分の事ばかりではなく、相手を思っての行動もとれるようになりますよね。

相手に認めて欲しい、受け入れて欲しいという思いを持って恋愛をする事で、自分に足りない事を考え、引き寄せる恋愛をしてしまう為に、承認欲求が強い人は恋愛で上手く行かない、幸せな恋愛が出来ない現実を作り上げてしまっているのかもしれません。

そこから自分を満たす事ができれば、今あるものに目を向ける事、今在るものに感謝することが出来る様になり、それは幸せな恋愛へと繋がるのではないでしょうか。(自分を受け入れる方法



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク