承認欲求を手放す

承認欲求を手放すことは、自分の人生を生きることへと繋がります。

人に認められたい、理解されたい、受け入れてもらいたいという承認欲求は誰にでもあるものですが
承認欲求が強いと他人に振り回されたり恋愛で上手く行かなかったり
人に認められる事を目的とした人生になってしまいます。

そして認められる事を目的とした場合、それは他人が決める事ですので
あなたは自分の人生を他人に預けているということになってしまいます。

それでは他人本位な人生になってしまいますよね。

承認欲求を完全になくすというのは難しいかもしれませんが
認められなくても良い」と思う事は、あなたの人生を生きやすくするかと思います。(ゆるく生きる方法

スポンサー ドリンク

【承認欲求の具体例】

人に認めて貰いたい、受け入れてもらいたいという思いは日常の至る所で思い当たるかと思います。

仕事で上司に怒られた事に対して、腹を立てる事も
自分は頑張っているのに認められていないという思いからということもありますし

恋人の為に家で毎日家事をこなしているのにそれについて触れられない
「ありがとう」の一言もないと悲しみを感じるのも
相手に認められたいからという思いですよね。(「ありがとう」から変わる世界

小さな子供が一生懸命描いた似顔絵を褒められて喜ぶのは
承認欲求が満たされたから。

承認欲求が満たされていない時、人は不満や悲しみ、怒りなどを覚えます。
そして承認欲求が満たされていれば、幸せや喜びを感じるかと思います。

【承認欲求が強い人】

この「人に認めて貰いたい」という承認欲求が強い人は
自分に自信がないことから、周りの人にそれを求めてしまう傾向にあるようです。(自分に自信が持ちたい、自分に自信がない人へ

その為恋人に依存したり、自分を求めてくれる人、認めてくれる人から離れる事が出来ません。

自分を認めてくれる人、受け入れてくれる人を求めることは自然な事だとは思いますが
その承認欲求が強すぎると、他人本位な人生しか歩めなくなるかもしれません。

恋人が友達と遊ぶなと言ったので遊べないとか
DVされてても自分にはこの人しか居ないから離れられないとか

本当の自分を認めてくれるのはこの人しかいないという思いなどから
その相手から離れる事が出来ないという自体に陥ります。

それを変えたいと思うのであれば、承認欲求を手放す為には
自分で自分を認めてあげる、受け入れてあげる事です。(心のブロックの外し方

【本当の自分を認められるのは自分しか居ない】

あなたがどんな人生を生きて来て、どんな考え方をして
どんな良い面があって、どんな悪い面があるのか

それを全て知っているのは自分自身以外にあり得ません。

「自分は最低だな」と思う考えを持っていたとしても
そんな悪い面も全てを本当に受け入れてあげれるのは自分だけです。

まずは自分で自分を認めてあげませんか?(愛されたことがないと感じるあなたへ



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク