就職したくないと思ったら考えたいこと

就職活動をしなければいけないと思っても、「就職したくない」と考えることはあるかもしれませんが、それでも多くの人は就職の道を選ぶのではないかと思います。

何かやりたいことがあって就職したくない場合は、正社員ではなくアルバイトをしながら生活する、という人もいますよね。

ただ就職したくない、働きたくないという思いだけで就職しないことを選択するということはあまりないかもしれませんが、就職したくないと思っても、一度会社に雇われて働いてみる、という経験はしておいた方がいいのかもしれません。

もし、就職せずに「自分は自分の好きなことでは生きていくんだ」と意気込んでいたとしても、働いていなければカードも作れず家も借りれず、自分の時間を優先しすぎてお金も貯めれず

好きな事をして生きていく為に就職しない道を選んだのに、好きな事をする為の壁を自ら高くしてしまっていた、という事に繋がる事もあるのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【就職したくない理由を明確にする】

就職したくない理由としては、会社に雇われて働きたくない、自分の好きな事を仕事にしたい、会社に勤めても安定とは限らないなら正社員にならなくても良いと思っている、正社員のメリットが昔よりも少ない、など色々と思うところはあるかと思います。

なぜ自分は就職したくないのか?

という思いが、「あまり働きたくない」「生きていければいい」というような、ぼんやりとしたものであれば、そのまま就職せずにいれば、今後の人生がどんなものになるだろうか、という事を考えておいた方が良いかもしれません。

あまり働きたいと思わず、フリーターで長年生きていると、いざ就職したい、就職しなければいけないと思った時には、自分よりも若くて体力もある人達が横にいるのだということも意識しておくことは大切なのではないでしょうか。

一度就職して、自分のやりたいことが明確になってきてから、周りの人や世間の信頼を得ている内に独立する、という方法もあるかと思います。

就職している時間がもったいないと思うのであれば、就職せずに生きていける生き方について考え、学び、覚悟を決めて行動していくことになるのではないでしょうか。

【就職しないなら覚悟を決める】

就職しないで生きるということは、決まったお給料が貰えない、社会的な信頼がない、何かあっても会社の責任に出来ない、という事もありますが、自分の時間を最大限、自分の好きなことに使える、自分のやりたい事を出来る、という事でもあります。

就職しない道を選ぶのであれば、何をして生きていきたいのか、ということは考えておいた方が良いかもしれません。

自分のお店を持ったり、自分の会社を持ちたいと思った時にもその「資本金」や「借り入れの為の信用」などは、フリーターで働くよりも正社員として働いていた方が有利かと思いますが

お金も人脈もコネもない人でも、今ではインターネットの普及によって「好きなことで生きる」ことが出来る可能性というのは、広がっていますよね。

就職せずに好きなことをして生きていきたいと思うのであれば、再現性の低い夢を見るのではなく、現実的に夢を見ることを意識することが大切なのではないでしょうか。

就職したくないから就職しない、というのも選択肢の1つですが、就職しないのであれば、自分がどんな人生を歩んで行きたいのか、という事を考え、「就職しない」という選択に責任を持って「これでよかった」と言えるような人生になるような選択をしていく事を、意識してみてはいかがでしょうか。



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク