「好きなことで生きていく」為に考えたいこと

好きなことで生きていくことが出来れば、どれほど幸せだろうかとか、どんなに楽しいだろうか、と考える人が多いかと思いますが、「好きなことで生きていく」ということが「嫌な事をやりたくない」だけであれば、その考え方をしている限り「好きなことで生きていく」という事は難しいのかもしれません。

ですが自分の「好きなことをして生きていく」よりも、好きではないけれど雇われて働いている方が結果的に「好きなことが沢山できる」という事もあります。

自分の力で好きなことで生きていくよりも企業に雇われて働いている方が気持ち的にも「楽」だと感じることもあるかと思いますし、どちらがいいのかというのは、自分はどういった生き方をしたいのかを考えてみて、雇われて働いた方がいいと思うのであれば、それはそれで「好きなことをして生きている」とも言えるのかも知れません。(自分の人生に責任を持つ、選択するという事

スポンサー ドリンク

【好きなこととは何か】

好きなことで生きていく為には、自分の「好きなこと」について考えることになるかと思いますが、好きなことと言われて思いつくことはあるでしょうか。

例えば「人に感謝されること」や「必要とされること」に喜びを感じるのは「自分の存在価値が認められたと感じるから」かもしれませんし、それが自分の「好きなこと」と結びつくのであれば「これが好き」というよりも「これをして自分を満たしたいだけ」であると言えるかと思います。(承認欲求を手放す

プロ野球選手になりたいのも、アイドルになりたいのも、バンドでメジャーデビューしたい、困っている人を助けたいなどの思いも、沢山の人に認められたい、凄いと思われたい、という思いがどこかにあるのではないでしょうか。

マズローの欲求5段階説で言えば尊厳欲求あたりになるかと思いますが、そうした事を考えていくと、自分の「好きなこと」というのは「自分を満たしてくれる事」となるかと思います。

【自分を満たして生きていく】

好きな事をして生きていく事は可能だとは思いますが、その際には「人に自分を満たされる」のではなく「自分が自分を満たしている」状態である事が望ましいのではないかと思います。

「人に認められなければ自分を満たせない」のであれば、自分の好きな事をして生きていくはずが、いつの間にか「人に認められること」を選択してしまう事に繋がることもあるかと思います。

自分の描きたい漫画はこれじゃない、自分の作りたい音楽はこれじゃない、など、自分の好きなことで生きていきたいと思っても、その「価値が伝わらない」なら、好きなことで生きることが難しくなるのではないでしょうか。

そういった時には「自分の好きなことで多くの価値を生み出せるもの」を考えること、好きなことでマネタマイズすることや、そもそもの生活水準を低く保ち、本当に自分のやりたいことだけをして生きていくという選択なども出来るかと思います。

好きなことで生きていく事を考えるなら、自分の好きなことは「人に認められなくてもやりたいと思うことかどうか」、ということを考えてみるのもいいかもしれません。(夢を追うなら大切にしたいこと



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク