他人が羨ましいときの対処法

人が羨ましいと思う時は誰でもあるものですが、人を羨ましがっても仕方ないと思いながら「でも羨ましい」と思ってしまうのであれば、どうすれば他人を羨ましがらずに生きて行けるのか、人と比べずに生きて行くことが出来るのか、他人が羨ましいときの対処法について考えてみましょう。

他人を羨ましいと思っても、幸せそうなカップルを妬んでも、自分が幸せな気持ちになる訳ではありませんが、人が人を羨ましがってしまうのは、自分でも気づかない内に「自分に足りないもの」を見る癖がついてしまっているからかもしれません。

「いいなぁ」と思うと同時に「どうせ自分は」と思ってしまうなど、人が羨ましいと思う人は、自分と相手を比べて自分の劣っている所に焦点を当てて現実を見てしまうのではないでしょうか。

他人が羨ましいと思う気持ちがなければ、何かに対して目標を持ったり向上心を持ったりすることも無くなってしまうかもしれませんが、他人が羨ましいと思いすぎて辛いのであれば、他人を羨ましいと思う気持ちを膨らませない為の行動を取ったり、考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

スポンサー ドリンク

【人が羨ましいと思うメリットとデメリット】

人を羨ましいと思う事には良い面と悪い面がありますよね。
「羨ましい」と思う事で自分の人生はつまらないものだとか、あの人に比べたら自分なんて、とマイナス思考になってしまうのであれば、その思いは手放した方が良いのかもしれません。

ですが人を羨ましがる事はデメリットばかりでもありません。
誰かが羨ましいと思うからこそ、自分も頑張ろうと思ったり、その人を見て学ぶ事も出来るものです。

自分の人生をよりよくする為に、「羨ましい」「あの人のような人生を送りたい」と思う気持ちから自分のやりたいこと、夢や目標が見つかったり、自分自身について知る事も出来るのではないでしょうか。

【羨ましい人は近い人】

人が羨ましいと思う時は、その人の持っている何かを自分は持っていないという思いから、その相手を妬んだりしてしまう事が多いかと思いますが、その足りないものというのは、「手に入れようと思えば手に入りそうなもの」だという事が多いのではないでしょうか。

例えば大金持ちの人や、凄く美人の人が「凄い」とか「羨ましい」と思う事はあっても、その人が自分とかけ離れた現実を送っている人だと思っていればそこまで羨ましいとは思わないですよね。
大豪邸を持っていても、クルーザーを持っていても、どれほどチヤホヤされていても、自分とはあまり関係のない世界のように感じるのではないでしょうか。

人を羨ましいと思う気持ちは、自分にとって近い存在の人、例えば友人や家族、同じ会社で働いている人などに対する事の方が自分にとっては現実的で、自分より少し給料が上だとか、上司に気に入られているとか、そういった事に対して羨ましいと思ってしまうのかと思います。

誰かを羨ましいと思い、「自分も頑張ろう」と思えれば良いですが、「あの人は恵まれている」とか「ちょっと運がよかっただけだ」と思ってしまうのであれば、羨ましい面ばかりを見るのを辞め、その人の良い面も悪い面も含めて見るという事も大切なのではないでしょうか。

【羨ましい人にも羨ましい人がいる】

自分が「羨ましい」と思っているその人にとっても、羨ましい誰かが居るという事を考えてみることで、羨ましいと思っていた気持ちが収まる事もあります。

例えば人によく気を使う人で、上司に気に入られている人でも、その人は自分の意見をあまり言えない事に悩んでいるのかもしれませんし、そうした人は上司に気に入られることよりも自分の意見をハッキリ言っている人の方が羨ましいと思うのではないでしょうか。

自分が羨ましいと思っているその人は、あなたの事を羨ましいと思っているかもしれません。

自分にも人に羨ましがられる部分があると気づくことで、人を羨ましがることばかりをしなくても良いと思えるのではないでしょうか。

【自分を受け入れる】

人を羨ましいと思う時、自分と相手を比べて自分の方が劣っていると感じる為に嫌な気持ちがしたり、その相手を妬んだりしてしまう事がありますが、誰かは自分になれないように、あなたは誰かになることは出来ませんよね。

誰かが羨ましいと思い、自分に足りないものばかりを数える事を辞め、自分にあるもの、自分の良い所や好きなところに目を向け、自分に足りないものがあると思ってもその現状を受け入れるという事をするのは大切な事かと思います。

「足りない自分」を受け入れる事が出来ないから、人は誰かを羨み、妬み、自分を守るのではないでしょうか。

そんな自分でも良いと「受け入れる」ことから、人を羨ましがる事もなく自分の生きたい人生を生きる事に繋がるのかもしれません。(自分に自信が持ちたい、自分に自信がない人へ

【羨ましがられる自分になる】

あまりお勧めはしませんが、人から羨ましがられるような自分になるというのも、誰かを羨ましいと思わない方法の1つかと思います。

いつも流行りの服を着たり、沢山の時計を持っていたり、素敵な異性と結婚したり、海外旅行に沢山行ったりなど、自分がそれで楽しくて幸せならば良いのですが、人に羨ましがられる自分になるという事は「自分の基準を他人に置いている」事になりますので、誰かに羨ましいと思われる為の人生となってしまう事もあるのではないでしょうか。

自分の中に自分の幸せを見つける事が出来なければ、いつまでたっても心が満たされる事は無いかと思います。

人に羨ましがられたいと思う事が動機になる事で人生を変える事はあるかもしれませんが、自分の幸せの基準をいつまで経っても「人に羨ましがられるかどうか」にしてしまうと、自分が本当に生きたい人生を生きる事は出来ないのではないでしょうか。

【在るものに焦点を当てる】

人が羨ましいと思うのは自分に足りないものに焦点を当てているからであれば、自分に在るものに焦点を当てる事で人を「羨ましい」と思う事は少なくなるかと思います。

自分に在るものに焦点を当てる事を考えた時、一番簡単に出来る事は「感謝すること」です。

感謝する事は自分に在るものに焦点を当てます。
試しに今感謝出来る事を思い浮かべてみて下さい。

「帰る家がある」「働ける場所がある」「家族がいる」「恋人がいる」「ネットで色んな情報が見れる」「ゴロゴロできる」など、何でも良いのですが自分が今感謝出来る事は、「いま自分にあるもの」に焦点を当てていませんか?

自分は沢山のものを持っていると気づく事が出来れば、人を羨ましいと思う事も少なくなるのではないでしょうか。
それでも人を羨ましいと思ってしまうのであれば、感謝する事を習慣にする事を考えてみると良いかと思います。

自分が「足りない物に焦点を当てる」ことが習慣となっているのであれば、「感謝出来る事に焦点を当てる」事を習慣にしましょう。(感謝の気持ちを伝えると、なぜ人生が豊かになるのか

誰かを羨ましいと思う自分を、まずは受け入れ、そこから今あるものに感謝する事に目を向けて行くことで、人を羨ましいと思い生きて行く人生を変える事が出来るのかもしれません。
幸せ体質になる方法



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク