足るを知ることから人生を創造する

「吾唯足知」と書かれたつくばいが京都の龍安寺にあり、この「足るを知る」という事は現状に満足する事の大切さを教えてくれますが、足るを知るだけでは自分の人生を創造していく事には物足りないかと思います。現状に全然満足出来ない、という人もいるでしょう。

ですがまずは「足るを知る」こと、掘り下げれば生きているだけでも幸せだと思えるような心構えから自分の人生を自分が望む方向へと創造していく事が出来るものです。

現状に満足出来ない、足りないこと、不幸な事、不安な事や悲しいことなどに対して目を向けて生きている内は、幸せに生きたいと思っても、もっと自由に生きたいと思っても、それに繋がる考え方とは言えないのではないでしょうか。

現状に満足すること、足るを知り、今に感謝する事から、自分の人生をより自分の望む人生へと創造していきましょう。

スポンサー ドリンク

【足るを知るとは】

足るを知るとは、今の現状に満足すること、今在るものに目を向けるという事です。

そしてそれが大切だと言われる理由は、今の現状に満足出来ない人は、例え裕福になっても、人から羨ましがられても、多くの異性に好かれたとしても、自分の心は満たされないままに人生を生きて行くことに繋がるからではないでしょうか。(望まないものに焦点を当てるのを辞める

今に満足出来る人、足るを知ることが出来ている人というのは、自分の心を満たす事が出来ている人であり、足るを知ることで幸せに生きる事へと繋がります。

ですが足るを知ると言っても、それどころではない状況にいるという人もいるでしょう。
そうした人は、今自分に出来る事から少しずつでも行動していく事が必要なのではないでしょうか。

【足るを知り、人生を創造する】

足るを知る事は大切なことですが、足るを知る事と「やりたい事を諦める」ことや、「現状維持」をする事は別のものだと言えるでしょう。

自分の「可能性を狭める」ことへと「足るを知る」意識を持ち込むと、今のままで十分だ、とそれ以上に自分の求めるもの、やりたい事、夢、欲しいものを諦めることへと繋がります。

例えばお金から自由になりたい、お金持ちになりたいと思うのであれば、今あるお金に対して感謝し、そこからさらにもっとお金を増やす事などを考えて行くことで、足るを知り、幸せに生きながら、さらに自分の人生をより良くする為に必要な事を望む事で、それを創造する事ができるのではないでしょうか。(お金のブロックを外す

今の自分に在るものに感謝し、より人生を楽しくするもの、自分の望む方向へと向かうものを取り入れて行く事で、足るを知りながら望む人生を創造していく事に繋がるのではないかと思います。(普通が一番幸せ?



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク