転職に失敗する理由

転職に失敗する人は、職場の人間関係が悪い、上司と合わない、お給料が安い、保証がない、長時間労働が辛いなど、会社に対する不満や不安から、もっと条件のいい会社があると思い転職していくのかもしれませんが、その転職が失敗に繋がることもあるのではないでしょうか。

こんなことなら、前の会社のままで良かったと後悔する人も多いのかもしれません。

ですがその現実を引き寄せたのは紛れもなく自分自身で、その現実に対して不満を言うよりも、現実を受け止め「不満から転職」するのではなく「希望から転職」した方が、転職は上手くいくのではないでしょうか。

転職に失敗する理由について考え、自分の感情、思考、行動が自分の未来に繋がることを自覚すれば、これからの転職は成功と言えるものになるのかもしれません。

スポンサー ドリンク

【不満に焦点を当てている】

職場の良し悪しと自分の気分の良し悪しは、必ずしも一致するものではありません。

会社の雰囲気が悪いからといって、それに巻き込まれるのか、それとも新しい雰囲気を創り出すのかは自分次第なのではないでしょうか。

どこの職場に行っても何かしらの不満が出てきて転職を繰り返してしまう、という人は、一度自分が毎日何に焦点を当てているのか、例えば「不満」か「感謝」か、どちらに焦点を当てているのかを考えてみるのも良いかもしれません。

「不満」に焦点を当てていると思うのであれば、それは「感謝」に焦点を当てて生きていく為の通過点、キッカケとなるのではないでしょうか。

【やりたい仕事ではない】

自分のやりたい仕事だと思って転職してみたものの、やってみると「何か違うかも」と思うこともあるかもしれません。

自分の好きなことが仕事に出来れば、転職は成功だと思うかもしれませんが、多くの場合は「仕事」になるとその思いは徐々に薄れていくのではないでしょうか。

やりたいことよりも、職場の人間関係が良い方が仕事が楽しいと思うこともあるかもしれませんし、やりたいことだと思ってたけど、やってみると「違うかも」となる事もあるかと思います。

やりたいことが出来る所へ転職したい、と考えるのは前向きなことですが、「やりたいことを仕事に出来れば良いのに」という思いを持つことは、転職についてだけでなく「足りないもの」に焦点を当てることとなりますので、そうした思いを持っているのであれば、「足りないもの」に焦点を当てている事に気づき、「今あるもの、感謝出来る事」に対して焦点を当ててみてはいかがでしょうか。(引き寄せの法則と感謝の関係性

【会社に雇われることに責任を持ってない】

転職に失敗する人の理由としては、会社に雇われていることに対して「責任を持っていない」ことは大きいのではないかと思います。

会社に雇われているから大丈夫、お給料がちゃんと貰える、保障されている、世間からもよく見られる、という理由で会社に雇われることを選択してる人は多いのではないかと思いますが、会社の為に働いても会社が潰れることもあれば、減給されたりリストラされたりすることもあります。

ですがそれらは「可能性」としては十分にあり得る話であり、そうした「変化に対応出来る」ように自分の「思考パターン」を変えて行くことで、現実にどんな変化があったとしてもそれを受け入れ、穏やかに生きて行く事が出来るのではないでしょうか。

転職に失敗する理由としては「今の職場に不満を持ち、転職すれば上手く行く」という思いを持っている場合は失敗しやすいのかもしれません。(望まないものに焦点を当てるのを辞める

いつでも「感謝出来ること」に目をむけて人生を歩んで行く事が出来れば、「失敗した」という思いを持つ事も少なくなるのではないかと思いますし、自分が職場に何を望むのか、という事について考えてみるのもいいかと思います。

転職に失敗したと思っても、そこで落ち込だり後悔したりするのなら、それは失敗になるかもしれませんが、その経験がより良い次に繋がるのであれば、それは失敗ではないのかもしれません。(後悔しない選択をしよう



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク