器の大きい人になりたいと思ったら考えること

器の大きい人になりたいと思うのは、自分自身「器が小さいな」と思うようなことがあったり、もっと自分に自信を持って「素敵な人になりたい」という思いがあるからかと思いますが、器の大きい人になることは、人生をより幸せに生きていくことにも繋がるのではないかと思います。

自分の「器が大きくない」と思ったとしても、それによって自分を責めることはせずに、その自分をまずは「受け入れる」ことから自分自身の器が大きくなっていくのではないでしょうか。

「器が大きい」という言葉は「多くを受け入れられる器を持っている」ということだと思いますので、大切になってくることは、「まず受け入れること」「心に余裕を持つこと」「感情的にならないこと」などになるかと思います。

スポンサー ドリンク

【受け入れられる器の大きさ】

自分が何を受け入れることが出来て、何を受け入れることが出来ないのか、ということが分かれば、器の大きい人になる為には「受け入れられないと思うこと」について考え、それを「受け入れられるようになるにはどう考えれば良いのか」を意識してみるのも良いかも知れません。

例えば自分が「器が小さいな」と思う出来事があったとすれば、なぜ自分はその話を受け入れることが出来ないのか、相手の考えが理解出来ずにいるのであれば、相手を理解することから意識してみてはいかがでしょうか。

自分の中の「許せない価値観」を知り、許すこと、認めること、受け入れることをしていくことが、自分自身の器を大きくすることに繋がっていくかと思います。


【心に余裕を持つこと】

器の大きい人になりたいと思ったら、自分の心に余裕を持つことも大切になってくるかと思います。

自分の心に余裕があれば、「一旦受け止め考える時間を持つ」ことができ、感情的にならずに相手の話を聞き、その話を受け入れられることが出来るかと思いますし、自分に余裕が無い時は自分のことで手一杯になってしまい、つい器が小さいと思う行動を取ってしまうこともあるのではないでしょうか。

自分の心に余裕を持つよう意識し、時間やお金や価値観に対して余裕を持てるような生活を送れるようにすることで、自分の器も大きくなることに繋がっていくかと思います。

【感情的にならないこと】

心が狭いと感じるのは「感情的になってしまった」「相手の話をちゃんと聞いてあげられなかった」「自分のことしか考えていなかった」と思うような時が多いかと思いますので、反対に「感情的にならないこと」「相手の話を聞いてあげること」「相手のためを考えること」が出来れば、器の大きい人になることに繋がるのではないでしょうか。(心に余裕を持つ方法

感情的にならない為には「感情的になる理由」についても意識してみるといいかと思います。

人が何かに対して感情的になるのは、その感情を出すことで「自分を守っている」ことや「現実を思い通りにする」ことに繋がるからかと思いますが

例えば「怒れば言うことを聞くだろう」とか「泣けば言うことを聞いてくれるだろう」というように相手をコントロールしようとする思いや、自分の生きて来た生き方を肯定する為に、それに反する相手の言葉、価値観を否定する、ということもあるのではないでしょうか。

かといって自分自身を否定しなければいけない訳でもありませんし、その人にはその人の生き方、考え方があり、自分には自分の生き方、考え方があるというだけで、その「違いを受け入れる」事を考えてみるといいかもしれません。

全く感情的にならないということは難しいかと思いますが、器を大きくしたい、心を広く持ちたいと思うのであれば、「許すこと」「受け入れること」から始めてみてはいかがでしょうか。(自分と向き合う時間を持つ



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク