やりたい仕事がない人が考えること

就活や転職をする際に、自分のやりたい仕事がない、どんな仕事をやりたいのかが分からない、やりたい仕事が見つからないという人も多いのではないかと思いますが、仕事をしている人でも「今の仕事は自分のやりたい仕事ではない」と思っている人は案外多いのではないでしょうか。

自分のやりたい仕事ではないと思いながらも、「お給料が良いから続けている」という人も居れば「再就職は難しいから続けている」という人もいるでしょうし、「休みの融通が利くから続けている」という人も居るかと思います。

ですが、「仕事をするなら、自分のやりたい事を仕事にしたい」と思うのであれば、自分は何が好きなのか、何をしている時に楽しいと思うのか、という事や、反対に何をしたくないのか、という事も考えて行く事は大切な事かと思います。

人によっては「仕事を貰う」事、転職や就職を考えるのではなく、自分で「仕事を創る」事を考えた方が、自分の生きたい人生を生きる事が出来るかもしれません。

スポンサー ドリンク

【やりたい仕事がない理由】

やりたい仕事がないというのは、自分が何をやりたいのかが分からない、自分に合った仕事が分からないという場合もあれば、自分がやりたい事はあるけれどそれが「仕事に繋がらない」時もあるかと思います。

自分は何がやりたいのか、という事が分からないというのであれば、まずは「自分は何がやりたいのか」について自問自答し、考えて行く必要があるかと思います。

やりたい事というのは今までの人生の経験や知識から導き出されます。
ですので、今までの自分の経験や知識の中に、やりたい事がないと思うのであれば、新しい経験や知識を身につけて行くことを考えてみるのも良いかもしれません。

自分のやりたい事が「仕事に繋がらない」という場合は、やりたい事をやる為に仕事をするか、やりたい事を「仕事にする方法を考える」ことになるのではないかと思います。

インターネットを使えば、自分のやりたい事を仕事にするということは、それほど難しいものでもないのかもしれません。(自分の可能性を広げる方法

【やりたいことは仕事にならない】

多くの場合は、自分のやりたい事を仕事にしたいと思うのであれば、自分で事業を立ち上げる事を考えた方が、やりたい事を仕事にする事が出来るのではないでしょうか。

人が創ったものの中に自分を入れようとするから、そこに義務が生まれ「自分のやりたい仕事がない」と思ってしまうのかもしれませんし、「ここで働きたい」と思える会社というのは、数少ないかと思います。

「やりたい仕事」というのは多くの場合は「憧れ」から入る事が多く、「憧れ」から会社に入れば「考えが甘かった」と思う事にもなるのではないでしょうか。

自分がやりたい事というのが、本当に心の底から「やりたい」と思える事でなければ、やりたい事を仕事にするのは難しいのかもしれません。

ですが自分の人生に責任を持ち、本当に自分のやりたい事を仕事にしたいという覚悟があるのであれば、その道は必ず開かれるかと思います。(覚悟を決めると人生は変わる

【行動範囲を広げる】

自分のやりたい仕事がないと思っている人は、自分が今いる場所から仕事を探している事が多いかと思いますが、日本に住んでいるのであれば、日本の全ての都道府県に焦点を当てての仕事を探してみるのも良いのではないかと思います。

やりたい仕事が見つからないのは「地域を限定している」からかもしれませんし、「職種を限定している」からかもしれませんし、「お給料を限定している」からかもしれませんが、そうした「限定」をする事をしながら、自分の「やりたい仕事が見つからない」と言うのであれば、やりたくない仕事をするという選択をしている事になるのではないでしょうか。

本当にやりたいことを仕事にしたいと思うのであれば、自分が本当は何をやりたいのか、という事に対して深く考え、自分の可能性に目を向け、行動を制限せずに「やりたい仕事をしている」自分を想像し、その為に必要なことを行動に移して行くことで

「自分のやりたい仕事をして生きる」事ができるのかもしれません。(「将来の夢がない」と悩む必要はない



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク