やりたくない仕事をしているなら考えたいこと

やりたくない仕事をしていると、どんどんストレスが溜まったり疲れたり、自分にとって「良くないことだ」と思っていても「やらなければいけない」「断れない」というような理由でやりたくない仕事をしている人も多いのではないかと思います。

「やりたくない事をするのが仕事だ」とか「若いうちの苦労は買ってでもした方がいい」とか言われる事もありますが、やりたくない仕事をしすぎて自分の人生の大部分を「つまらないもの」に自分でしてしまっているのであれば、やりたくない仕事を辞める事や、「やりたくない仕事だ」と思う考え方を変えてみても良いかもしれません。

もしも、やりたくない仕事をしないで生きて行けるなら、自分が本当にやりたいことをして生きて行く事を選択することが出来るのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【やりたくない仕事とは何か】

仕事自体やりたくない、という訳ではないけれど「やりたくない仕事を頼まれる」ことや「やりたくないけど誰もやらない」ことを見過ごせない、人に頼まれると断れないような真面目なタイプの人が「やりたくない仕事をやってしまう」のかと思いますが、やりたくない仕事というのは人によって違うもので、電話対応がやりたくない、営業がやりたくない、単調な仕事はやりたくない、など様々です。

ですが面倒なことや汚いこと、手間の掛かる事や人の顔色を伺わなければいけない事や、「自分の仕事ではない」と思うような雑用、雑務は多くの人が「やりたくない」と思うのかもしれません。

やりたくない仕事をする事によって本来の仕事に支障をきたすことが、一番「やりたくない」という理由の根源なのではないでしょうか。

【やりたくない仕事はやらなくてもいい】

やりたくない仕事でもやることは大切だと思っていた昔の自分に対しても言いたい事ですが、やりたくない仕事は「やらなくてもいい」と思うだけでも自分の在り方が大きく変わるのではないでしょうか。

やらなくてもいいけど、やる」というのと「やりたくないと思いながら、やる」のでは「やらされている」のか「自分が選んでやっている」のかという違いが出てきますし、自分の人生で「やらされている」ことを出来るだけ減らし「自分で選んでやる」ことを増やして行くことで、自分の人生に対して責任を持って生きて行く事が出来るのではないかと思います。(自分の人生に責任を持つ、選択するという事

やりたくないから本当にやらない、という事はなかなか難しい事かと思いますが、そうしたいのであれば会社に雇われて働く事は諦めた方が自分の生きたい人生を生きる事ができるのではないでしょうか。

【自分が一番優先するもの】

やりたくない事をやる理由は「それ以上に優先する事があるから」であり、多くの場合はそれが「お給料」であったり「良好な人間関係」であったり「自分の考え方・プライド」であったりするかと思いますが、何かを優先させる時にはそれに対して「優先順位の低いこと」を受け入れる事をしなければいけない時もあるかと思います。(人生の優先順位を決める

ですがそれは「自分の中で優先順位の高いもの」を優先すると「自分が決めた結果」であり、その選択の責任は自分にあるものなのではないでしょうか。

自分が何を本当に優先させて生きて行きたいのか、という事について考えることで、やりたくない仕事をして生きて行くのか、他の仕事をしてみるのか、自分でお金を産み出す事を考えるのか、自分がどんな人生を歩みたいのかについて考えることとなり、それは自分が本当に生きたい人生を生きる事へと繋がるのではないかと思います。(やりたい仕事がない人が考えること

あなたは何を一番優先させたいと思うのでしょうか。



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク