やるべきことをやる思考を創る

やるべきことをやる為には、「やらなくて良い事」や「優先順位の低い事」に対して時間を使わない事を考える必要があるかと思いますが、やるべきことをやる事が出来ない、続ける事が出来ないという人もいるのではないでしょうか。

自分にとって何かの目標や、達成したい事があって、その為に「やるべきことをやる」必要があると分かっていても、それが出来ない、他の事に気を取られてしまったり、そもそも続ける事が出来ない人は、やるべきことをやる事が出来ずに、目標を達成することや夢を叶える事などが出来ずにいるのかもしれません。

そうした人が「やるべきことをやる」為には、どんな事を考えていけばいいのでしょうか。
やるべきことをやる思考になれば、自分にとって優先順位の低い事に時間を使う事を減らす事ができ、達成したい目標や夢に近づく事が出来るかもしれません。(人生の優先順位を決める

スポンサー ドリンク

【やるべきことをやるとは】

「やるべきことをやる」というのは、子供を持つお母さんであれば、家事や育児かもしれませんし、お父さんであれば仕事かもしれませんが、ここでお話する「やるべきことをやる」というのは、そうした「役割としてのやるべきこと」ではなく、自分のやりたいこと、叶えたい夢や達成したい目標の為に、やるべきことをやるという考え方についてです。

「自分が成し遂げたい事」がある人が、「その為にやるべきことをやる」事が出来れば、それを成し遂げる事が出来るという事は理解出来るものですが、実際はそこまで「自分が成し遂げたい事の為にやるべきことをやる、続ける」という事を出来る人というのは少ないのではないかと思います。

それは「やるべきことをやり続ける」という事が出来ないという事もあれば、成し遂げたい事に対して「やるべきことが明確でない」場合もあるかと思います。

やるべきことが明確でなければ、手探りで一歩ずつ進んで行くしか無いですし、それでは挫折してしまう確率の方が高いのではないでしょうか。

やるべきことをやる為に、「やるべきことをやり続ける」ことや「やるべきことを明確にする」ことを考えてみましょう。

【やるべきことをやり続ける】

やるべきことをやる事が難しいと感じる人の多くは、それを「続ける」という事が難しいと思うのではないでしょうか。

続ける事が難しいとい思うのは、続けることでそれを「確実に成し遂げることが出来る」と思えない事が原因かと思いますし、続けてさえ居れば成し遂げる事が出来るものというのに対しては、多くの人は続ける事が出来ると思いませんか?

例えば一年間通えば確実に資格が取れる学校に行くのか、取れるか分からない資格の為に一年間家で独学で勉強し続けるのかでは、お金が掛かるかは置いておいて、学校に行く方を選ぼうとするのではないでしょうか。

やるべきことをやり続ける為には、そうした「確実性」を高めて行く行動、すでに自分が成し遂げたい事を成し遂げている人から教わる事などを取り入れて行くことを考えてみると良いのではないかと思います。(努力は必ず報われるのか

【やるべきことを明確にする】

やるべきことをやる為に、やるべきことを達成するまでやり続ける為に必要な考えとして「やるべきことを明確にする」という事も挙げられるかと思います。

先程の例をもう一度使って考えてみると、資格を取る為に必要な事は学校で全て教えてくれる、やるべきことが明確になっているのが学校であり、やるべきことが明確になっていないのが独学で勉強するという事になるかと思います。

独学で勉強してもやるべきことを明確に指示されている本や教材もあるかと思いますので、例え話として受け取ってもらえればと思います。

そうしたやるべきことが「明確」な学校などであれば、やるべきことをやる事が出来るのではないでしょうか。

反対に、やるべきことが出来ない、続かないという人は、成し遂げたい事に対する道筋を具体的にイメージする事が出来れば、やるべきことをやる事が出来るのではないかと思います。(あ)

自分が成し遂げたい事に対して、それを実際に成し遂げている人から学ぶ事で「やるべきことを明確にする」事ができ、続ける事で結果は出ると確信が持てれば、「やるべきことをやり続ける」ことが出来るのではないでしょうか。(継続は力なり



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク