やることがないと悩んだら考えたいこと

「やることがない」人は、特にやりたいこともなく、やらなければいけない事もなく、時間を持て余しているのかもしれませんが、そうした人は「やりたい事を見つける」ことや「どんな人生を歩みたいのか考える」こと、「興味のある事を何でもやってみる」ことなどを考えて行く事で、やることがないと悩む事が無くなって行くのではないかと思います。

もし自分が「こんな人生を歩みたい」とか「あれもこれもしたい」と思うのであれば、やることがないと悩む事はありませんよね。

やることがないからゲームをしたりウインドウショッピングをしてみたり飲みに行ってみたり、自由に使える時間を「暇つぶし」に使う事になれば、その時はなんとなく楽しいと思っても、自分が本当にやりたいことに繋がらない行動というのは、どこか楽しみきれないのではないかと思います。

やることがないから、といって何かを始めるのではなく、やることがない自分と向き合い、自分が本当にやりたいことを探してみたり、「暇つぶしでなんとなく」行動するのではなく「面白そうだから本気で」行動してみると、自分が本当に「やりたい」と思える事が見つかる事もあるのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【出来る事は沢山ある】

やることがないと思っている人が、何かやろうと思った時に思い浮かべるのは、ゲームをしたり本を読んだり、散歩に出掛けたりと「すぐに出来る事」ではないかと思いますが、そうした「すぐに出来る事」という無意識の制限を外して考えてみることで、本当にやりたいことが出て来る事にも繋がるのではないでしょうか。

どこかで「自分には出来ない」という思いを持っていれば、自分が「何かをしよう」と思った時に無意識に「自分で出来そうなこと」や「多くの人がやっている事」を選択してしまいがちかと思います。

ですがそうした「無意識の制限」に捕われずに、自分には何でも出来るとしたら本当は何がしたいか?という事を考えて行くことで、やりたい事が見えてきて、やることがないと悩む事も無くなって行くのではないでしょうか。(趣味のある人とない人の違い

【誰かと一緒にやる】

自分はやりたい事ややらなければいけない事はないけれど、自分の周りに「やりたい事」を持っている人がいるのであれば、そうした人と一緒に「それを達成させる」ことをする、という事を考えてもいいかと思います。

誰かの夢を応援する、一緒に人生を楽しむ、1つの目標に向かって心を通わせるという事はとても有意義な人生を送る事にも繋がるかと思いますし、結婚生活というのもそれに似たものなのかもしれません。

自分のやりたいことがない、見つからなくてやることがないのであれば、やることだらけの人と一緒にいることで「自分のやりたいこと」が見つかる事にも繋がる事もあるのではないでしょうか。

やりたいことをしている人と一緒にいるだけでも、その人の見ている世界を見る事や価値観を共有する事によって自分の可能性は広がりますし「無意識の制限」を外す事にも繋がることにもなるかと思います。(無意識の行動を意識する

【やることがない人生を生きたくないなら】

やることがない人生を歩みたくないと思うのであれば、自分自身と真剣に向き合い、自分の可能性を広げる事、自分がやりたいと思った事、興味を持ったことをとことんやってみること、沢山の人と関わってみることなど、出来る事というのは沢山あるものです。(自分の可能性を広げる方法

ですがそこで「やることがないから何か暇つぶし出来る事」を探すのであれば、これからの人生でも時間があれば同じ事を繰り返すのではないでしょうか。

自分の時間の使い方を考える事は自分の人生について考える事にも繋がりますし、「やることがない人生を送りたくない」と思うのであれば、今この時から「自分に出来る事」に目を向け「行動」していってみてはいかがでしょうか。(自分の時間の作り方と使い方を考える



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク