有意義な時間の過ごし方

有意義な時間を過ごすというのは、自分にとって意味があること、価値のある事をする時間を過ごすということ。

せっかくの休日、有意義な時間を過ごしたいと思う人は多いかと思いますが、自分にとって本当に有意義な時間の過ごし方というのは人によって違うものです。予定を充実させたり、1人でゆっくりしたり、それぞれの楽しみ方がありますよね。

せっかくの休みなのに、特に何もせずに過ごしてしまったと後悔してしまうのであれば、先に予定を作ってしまうのも良いですし、休みだからとことん寝るという人はそれでも良いのでしょう。

時間を有意義に使いたい、と思う人は自分なりの有意義な時間の過ごし方を少し考えてみましょう。
自分に合った有意義な時間の過ごし方を見つける事で、自分の人生をより楽しみながら生きて行く事が出来るのではないでしょうか。

スポンサー ドリンク

【人と会う】

人と会う事や人と話す事が好きな人は、人と会う事で有意義な時間を過ごす事が出来るのではないでしょうか。
最近会ってなかった友人に会ってみたり、離れて住んでいる家族に会いに行ったり、新しい人との出会いのある場所へと行ってみるのも良いかもしれません。

人と会う事で自分の知らない世界を知る事が出来たり、旅行の話に繋がったり、新しい人との出会いに繋がることもありますよね。

人と会う事にフォーカスし、「100人とランチする」という事を目標にした人もいるそうですが、そこまではいかなくても、友人と一緒にご飯を食べるだけでも有意義な時間を過ごす事が出来るのではないでしょうか。

【知識を増やす】

新しい事を知るのが好きな人や、何かを学ぶのが好きな人は知識を増やすことに時間を使う事で、有意義な時間を過ごす事が出来るかと思います。
知識を増やすといえば、やはり「本」というイメージが大きくありますが、先程の「人と会う」という事も、自分の知識を増やす事に繋がることも多いものです。

自分の知らない世界を知っている人と会う事は、本を読むより多くの知識を得られることがあります。
自分が何に対しての知識を増やしたいのか、何を知りたいのか、という事を明確にし、それらについての知識を増やす為に人に会ったり、本を読んだり、ネットで検索したりする事で有意義な時間を過ごす事が出来るのではないでしょうか。

知識を増やせば選択肢が広がりますので、私は知識を増やす事がとても好きです。
ですが知識を増やす事が好きな人は、知識を増やす事に焦点を当てるのではなく、増やした知識を元に行動していく事が大切だという事も考えておくことは必要なのではないでしょうか。(視野を広げて物事を見る方法

【体験・経験する】

新しい事に挑戦するのが好きな人や、楽しい事が好きという人は、何かを体験したり経験したりすることに焦点を当てる事で、有意義な時間の使い方をする事が出来るのではないでしょうか。

例えば「陶芸」や「ガラス細工」「和菓子」などの作る体験から、「ダイビング」や「パラグライダー」などの身体を動かす体験など、調べてみると様々なものが出て来きますよね。

休みだから何かしたいけど、何をしよう?と思う人は、近くの体験出来るものを探してみるのも良いのではないでしょうか。
新しい体験や経験から、自分がやりたい事が見つかる事もあるかもしれません。(やりたいことを見つける方法

【自分を癒す】

1人の時間が好きな人や、休みの日はゆっくり過ごしたいと思う人は、自分を癒す事に目を向けることで有意義な時間を過ごす事ができるのではないでしょうか。

マッサージやエステに行ったり、家でアロマを焚いてみたり、一人カフェでゆっくりしたり、自分が幸せを感じる時間を過ごしましょう。

自分を癒す事に時間を使うというのは、遊びに行ったり友人とワイワイしたりするのとはまた違った「有意義な時間」になるかと思います。(ゆるく生きる方法


【自分にとって価値のある時間】

自分がやりたいこと、夢や目標があるのならばそれに向けた行動を取ることも有意義な時間の過ごし方の1つですし、自分にとって意味のあること、価値の高いことを考えてみることは、有意義な時間を過ごす為にも大切な事ですよね。

あなたの周りに、あの人はいつもどこかに出掛けていてとても有意義な時間を過ごしているな、と思う人がいるかもしれませんが、その時間の使い方が自分に合っているかどうかはまた別なものです。

人に有意義な時間の過ごし方だと思われなくても、自分にとっての価値ある時間を過ごす事が出来れば良いのではないでしょうか。(自分の時間の作り方と使い方を考える



メルマガに登録する

よければFacebookページへのいいねお願いします^^

 



スポンサー ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


スポンサー ドリンク